« 『アリスのままで』 | トップページ | 『昔々、アナトリアで』 »

2015年7月 5日 (日)

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

今日は、劇場公開中の作品のなかから、話題のヤツをひとつ、ご紹介♪

前作から実に30年、まさかの新作となった作品が、思いのほか評判が良くて、ちょこっと気になってたんやけど、なかなか時間が合わずに2週間が経過し、ようやく鑑賞できたんよ。

マッドマックスって、最初は型破りな警官が悪人どもに怒りにまかせて復讐するっていう、どこか“ダーティー・ハリー”に通じるアウトローなヒーローを描いたものやったんやけど、突然、2作目に荒涼とした世界での“暴走もの”になって、一体どこに向かってるんやろうって思ってたら、最後はまさかの“ティナ・ターナー”で、完全に世間を置き去りにして、彼方の世界へぶっ飛んでしまったんよなぁ(笑)

それが再び始動っていわれて、正直、どうなんやろうっていう懐疑的な気分もありつつ、とりあえず鑑賞した感想は...........................?!

マッドマックス 怒りのデス・ロード / Mad Max : Fury Road   ★★★☆☆   (2015年)

監督:ジョージ・ミラー
出演:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ゾーイ・クラヴィッツ、ライリー・キーオ、アビー・リー、ネイサン・ジョーンズ、ヒュー・キース=バーン、ジョシュ・ヘルマン、コートニー・イートン、リチャード・カーター

荒野と化した地球は、一部の権力者により水や石油が独占され、人々は支配されていた。家族を失った悲しみを背負い生きる元警官の男は、囚われの身となり、兵士に血を供給する“輸血袋”として生き延びていたが、ひとりの女戦士の謀反による騒動に巻き込まれ................ってなSFアクションもの?!

自由を求めて逃げる美女軍団と、それを追いかける凶暴な野郎どもの息詰まる攻防を迫力のアクションで...............以上、ってくらいに、ひたすら暴れまくる“勢い”重視のっていうか、“勢い”だけの映画なんよ(笑)

まぁ、アクション映画なんて、ヘタにこねくりまわさずに、どストレートな方がいいってことで、これはこれでアリなんやろうし、その辺りで支持されてるんやろね。

ただ、個人的には、メル・ギブソンの後を受けて主役になったトム・ハーディの活躍に期待してたんやけど、なんか、マッド“マックス”というよりはマッド“シャーリーズ・セロン”になってもうてるところが物足りんのよなぁ。

ツッコミどころ満載の“体育会系”映画も、ジメジメした梅雨時に観るには、悪くないんかもね?!

« 『アリスのままで』 | トップページ | 『昔々、アナトリアで』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事