« 『ジミー、野を駆ける伝説』 | トップページ | 『君が生きた証』 »

2015年8月14日 (金)

『D坂の殺人事件』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、原作は江戸川乱歩の推理小説らしく、一度、実相寺昭雄 監督さんが真田広之を主演にして映画化したこともあるらしいんやけど、話としては、人気の明智小五郎が初めて登場する作品として有名なんやって。

今回の再映画化作品で話題になったのが、主役を務める祥子ってひとで、某オヤジ系週刊誌のグラビアで話題になったらしく、それ以上の情報もないまま、この作品で主演女優としてデビューってことで、えらい注目されたみたいやね。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

D坂の殺人事件   ★★☆☆☆   (2015年)

監督:窪田将治
出演:祥子、河合龍之介、草野康太、木下ほうか、近藤芳正、仁科 貴、大谷英子

蕎麦屋の店主が首を吊り、自殺と警察は判断するのだが、たまたま現場を通りかかった探偵は、事件の可能性があると判断し、独自に調査を始めるのだが................ってな推理小説の映画化ドラマ?!

第一発見者の古本屋の店主と同居する女を中心に、愛欲により重なり合った人間関係が............ってな感じで、ドロドロのメロ(or エロ)ドラマにサスペンス要素を加えてってところなんかな。

なんかね、ヒロインのエロ要素ばかりが強調されてもうてる作りのような気がして、間延びしたグタグタなドラマからは推理のキレもなく、ただ無駄にエロいなぁって(笑)

江戸川乱歩の原作はまったく知らんので、何とも言えないところもあるんやけど、本来あるべき所からは、ちょっと違う方向に突き進んでもうた気がするんやけどね?!

主演のひとが話題で..........ってところでは、惜しげもなく体張って頑張ってるってことなんかもしれんけど、お世辞にも演技がどうこうって論じるレベルやなかったね(苦笑)

« 『ジミー、野を駆ける伝説』 | トップページ | 『君が生きた証』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事