« 『サムライフ』 | トップページ | 『唐山大地震』 »

2015年8月22日 (土)

『メビウス』

今日は、ちょっとタイムリー(?)すぎて、紹介するのを躊躇う作品をひとつ♪

2週間ほど前にレンタル屋でキム・ギドク監督の新作がレンタル開始になってるのを発見し、迷わず手にしたんよ。それを先週末に鑑賞しようと思ったんやけど、ちょうどその前に、都内で男女関係のもつれ(?)から、弁護士がナニを切られるって事件があった、ビックリしてもうた。

事件の背景に何があったのかは当事者しか分からんのやろうし、タマタマとはいえ、このタイミングで狙ったかのように作品を取り上げるのは、少し気がひけるところではあるんやけどね。

というわけで、ちょっと控えめに(?)作品の感想を.....................?!

メビウス / Moebius   ★★★☆☆   (2013年)

監督:キム・ギドク
出演:チョ・ジェヒョン、イ・ウヌ、ソ・ヨンジュ、キム・ジェホン

若い女と浮気する夫を許せない妻は、夫の代わりにひとり息子の性器をナイフで切り落とし、家を出て行った。苦しむ息子を父親は助けようとするのだが...............ってな、ドロドロの愛憎劇?!

いやぁ~、この作品、男目線で言うと、設定があまりにも“痛すぎ”るわけで、それだけでもキワもの感たっぷりなんやけど、それに加えて、うめき声や叫び声以外にセリフが一切ないんよ。

言葉での説明がまったくないことで、役者の表情や行動から“話し”を読み取ろうとするわけで、むしろ色々と考えさせられる部分もあるのかも。

もともと万人ウケするような作品を狙って作るタイプの監督さんではないんやけど、よくここまで斬新なものを作ったなぁって、ちょっと感心してもうた。

まぁ、よくよく話の内容を見てみると、“1本の竿”をめぐる男と女の情念の末路みたいなことになってるようで、要するに下世話な話なんやけどね?!(笑)

« 『サムライフ』 | トップページ | 『唐山大地震』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事