« 『パリよ、永遠に』 | トップページ | 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 »

2015年9月11日 (金)

『映画 深夜食堂』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、もともとは人気漫画がネタになってるらしく、それをTBSで深夜枠の30分ドラマでやってたのを、今回、劇場版ってことで公開されることになったんやって。

TVドラマは断続的に3シーズンやってるみたいで、コアメンバーに加えて、毎回、ベテランから若手まで、いろんなゲスト出演者が出てきて、人情ドラマを繰り広げてたらしい。

劇場で公開されてたときも、そんなドラマのファンが多かったのか、なかなかの評判で気にはなってたんやけど、結局、タイミングが合わずに観逃してもうてたので、レンタル開始で早速試してみたってわけ。

ということで、そんな作品の感想は.....................?!

映画 深夜食堂   ★★★☆☆   (2014年)

監督:松岡錠司
出演:小林 薫、多部未華子、高岡早紀、筒井道隆、菊池亜希子、余 貴美子、オダギリジョー、松重 豊、不破万作、柄本時生、光石 研、須藤理彩、山中 崇、宇野祥平、谷村美月、平田 薫、安藤玉恵、渋川清彦

繁華街の裏路地で、深夜から朝まで営業している小さな食堂、客のリクエストで作れる料理を出すその店には、常連がいて、そしてワケありな客もやって来て............ってな、店に集う人たちの人間模様を描いたドラマ?!

パ トロンを亡くしたばかりの愛人や、金に困って無銭飲食をする女の子、ボランティアで福島に来た女性に会いに東京に出てきた男、人生にちょっと迷った人たち が来ては、マスターの料理を食べ、そして去って行く、そんな小さな店を舞台にした人生の悲喜こもごもをってとこなんかな。

TVドラマシリーズは観たことがないんやけど、要するに小林 薫の存在感を活かしつつ、味わいのある人生ドラマをってところなんやろなぁ。

派手な立ち回りをして大騒ぎするような作品ではないんで、盛り上がりって部分で物足りなさはあるかもしれんけど、それなりに豪華なキャスティングに、さりげない作りかたで、なかなか雰囲気のある作品に仕上がってるんと違うかな。

各エピソードのメインを張る役者さんたちも、若手からベテランまで、それぞれに印象的な演技をしてるところがオツやったね!?

« 『パリよ、永遠に』 | トップページ | 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事