« 『少女が大人に変わる夏』 | トップページ | 『フォックスキャッチャー』 »

2015年9月29日 (火)

『おんなのこきらい』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品で主演してる森川 葵って子、なんや注目されてる(?)んやってね。たまたま実家に帰った際に、母親が“表参道高校合唱部!”ってドラマを見てるのを一緒に眺めてて、その出演者に入ってるのが頭に残ってて、その名前を見てレンタル屋でこの作品を手にしたってわけ。

ただ、ドラマで主人公を演じてるのがそうなのかと思ったら、この作品を鑑賞した後に、どうも違うと思って調べたら、そっちは芳根京子って子らしく、がっかりしてもうたよ(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

おんなのこきらい   ★★☆☆☆   (2014年)

監督:加藤綾佳
出演:森川 葵、木口健太、井上早紀、谷 啓吾、加弥乃、巴山祐樹、松澤 匠

“女の子はかわいくなくちゃ”ってことで、男にチヤホヤされてナンボの、性格の悪い女の子は、大好きな男との関係がうまくいかず、どん底に................ってな、ちょっと“イタイ”女の子の恋愛&自分探しドラマ?!

同性に嫌われても気にせず、男に媚びを売って、自分の中のカワイイを突き進むも、次第に自己崩壊していく様子を描いてるんかな。

世の中が自分中心に回ってると思ってたのに、それが足元から崩れさり、どん底まで落ちる、そんな、ちょっとデフォルメした外見だけを気にするような子の葛藤をって言われても、こんなハゲおやじにはハードルが高すぎたわ(苦笑)

基本的には、某事務所が押してる若い女優の卵をメインに、彼女の魅力を前面にだしてってことなわけで、そういう意味ではアリなわけやけど、ちょっとこの作品観て、演技力も含めて、この子エエなぁって思うかって言われると................微妙かなぁ?!

作品のなかでもフィーチャーされてる音楽も含め、かなり趣味やなかったかも..............。

« 『少女が大人に変わる夏』 | トップページ | 『フォックスキャッチャー』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事