« 『イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち』 | トップページ | 『JIMI:栄光への軌跡』 »

2015年10月20日 (火)

『死んだ目をした少年』

今日は、マイナー系の邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタは漫画らしいんやけど、その原作を書いてる古泉智浩って漫画家さん、新潟の出身で、実はあの亀田製菓の創業者の孫なんやって。

だいぶ前に熊切和嘉が監督した作品で安藤政信や坂井真紀が出演してた『青春金属バット』ってのがあったんやけど、その原作を書いてたのも、この古泉くんやったらしい。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

死んだ目をした少年   ★★★☆☆   (2014年)

監督:加納 隼
出演:清水尚弥、紗都希、高樹マリア、福井成明、福田航也、西井 雅、尾形駿一、後藤和歌奈、櫻井圭登、野沢大悟、松岡哲永、結城貴史

クラスの女子に毎日のように絡まれているヤセの男の子と、イジメっ子グループのオモチャにされてるデブの男の子は、タマタマ公園で出会った女性にボクシングを教わることになるのだが..............ってな青春ドラマ?!

毎日ビビりながら無気力に学校生活を送っているダメな中学生が、ひとつの出会いをキッカケに、少しずつ変わろうとする、そんな様子を描いてるんよね。

観る前は、どちらかというとシリアスなドラマかと思ったんやけど、若手監督さんらしく、オフビートにポップな感覚で作られてて、ちょっと意外性があったかな。

友情や恋愛を少しヒネッたトーンで物語にし、ちょっとのエロ(?)やグロ(?)に、グタグタのアクション(?)を織り交ぜて、なんとも風変わりな作品に仕上げてあるんよ。

10代の悶々とした苦悩をデフォルメしながら、それまでの自分を変えようとする若さってのを捉えてるんかもなぁ..................まぁ、かなりB級な作りではあるんやけど(笑)

« 『イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち』 | トップページ | 『JIMI:栄光への軌跡』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事