« 『その男ゾルバ』 | トップページ | 『ウォーリアー』 »

2015年10月25日 (日)

『ジョン・ウィック』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、“キアヌ復活”と話題になってる(?)作品をひとつ、ご紹介♪

最近は劇太り写真や、来日してはラーメンをすする、そんなニュースばっかりやったキアヌ・リーヴスなわけやけど、久々のアクションもので注目されてるのが、この作品なんよ。

監督をしてるチャド・スタエルスキってひとは、もともとスタントマンやったらしく、そんな彼に作品を託した理由は、もちろんアクション重視ってことで、オフィシャルHPを見ると、ガンファイトとカンフーを組み合わせた今回のスタイルを、“ガン・フー”って名付けたらしい。

というわけで、“ボッち”やないキアヌくんに期待して鑑賞した作品の感想は....................?!

ジョン・ウィック / John Wick   ★★★☆☆   (2014年)

監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーヴス、ミカエル・ニクヴィスト、ウィレム・デフォー、ジョン・レグイザモ、アルフィー・アレン、ブリジット・モイナハン、イアン・マクシェーン、ディーン・ウィンタース、エイドリアンヌ・パリッキ、トビー・レナード・ムーア、キース・ジャーディン、ランス・レディック

最愛の妻を病気で亡くし、死後に妻から最後の贈り物として子犬が届くが、強盗に入ったロシア・マフィアの息子に目の前で殺され、引退した殺し屋は復讐を決意するのだが.............ってなキアヌ復活のアクションもの?!

大切なものを奪われ、怒りを抑えられない男は、封印していた銃を手にし、独りでマフィアに戦いを挑むってなことで、キアヌくんが久しぶりにクールに大暴れってね。

確かにマトリックスのシリーズから10年以上たって、かつてのキレのある動きとは多少違うんやけど、相手を睨みつける姿は、少しワイルドなヒゲ面のせいもあってか、なかなかキマッてるんよ。

そんなキアヌのアクションを上手く盛り上げてるのが、センスのいい音楽で、ノリノリに仕上げたアクションシーンは、観ててスカッとするんよなぁ。

でもって、孤高の殺し屋キアヌくんを、さりげなく脇でサポートするデフォーおじさんが話のスパイスとして利いてて、単純な復讐モノにプラスαをもたらしてるんよね。

いろいろとサブキャラも充実したこの作品、すでに続編の製作が決定してるらしく、次なる展開が楽しみになってきたってね。

頑張れキアヌ?!(笑)

« 『その男ゾルバ』 | トップページ | 『ウォーリアー』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事