« 『ジョン・ウィック』 | トップページ | 『白河夜船』 »

2015年10月26日 (月)

『ウォーリアー』

今日は、劇場未公開の作品のなかから、思わず拳を握る、ちょいと熱いドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品、劇場では未公開となってはいるものの、実はニック・ノルティがこの作品の演技でアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされてたらしいんよ。その他、サテライト賞をはじめ、様々な映画祭や賞で評価されてたんやって。

しかも、日本ではほとんどノーマーク(ゆえに劇場未公開なのかもしれんけど.........)のギャヴィン・オコナーって監督さんは、以前に紹介したエドワード・ノートン&コリン・ファレル共演の『プライド&グローリー』(こちらも劇場未公開)っていう良い作品も作ってて、彼の作り上げる心揺さぶるドラマってのに、個人的にハマってもうてたりして。

ちなみに、この作品にデンゼル・ウィッテカーって小僧が出演してるんやけど、てっきりフォレスト・ウィッテカーの子どもでデンゼル・ワシントンにちなんでの名前かと思ったら、フォレストくんとは血縁関係はないんやって。デンゼル好きは当たってるらしいんやけど(笑)

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

ウォーリアー / Warrior   ★★★★   (2011年)

監督:ギャヴィン・オコナー
出演:ジョエル・エドガートン、トム・ハーディ、ニック・ノルティ、ジェニファー・モリソン、フランク・グリロ、ケヴィン・ダン、ブライアン・カレン、マキシミリアーノ・ヘルナンデス、ヴァネッサ・マルティネス、デンゼル・ウィッテカー、ステファン・ボナー

母親と家を出てから十数年ぶりに実家の父親を訪れた男は、総合格闘技のトーナメントに出場するためにトレーナーをやって欲しいと依頼する。一方、離れて暮らす彼の兄も、高額の医療費が家計を圧迫し、高校で教師をするかたわら、家族のために格闘技で小金を稼ごうとしていた...............ってな格闘技ドラマ?!

かつてアル中だった父親と、そんな彼を許せない息子たち、そんな彼らがひとつのリングに引き寄せられ、熱いバトルを繰り広げることに.................ってな感じで、アクションとあわせてバラバラになった家族それぞれの心の葛藤ってのが描かれてるんよ。

ニック・ノルティのいつもながらのダメ親父っぷりが“鉄板”にハマってるのと、冷酷なオーラで深い心の闇を演じてみせるトムくん、そしてそんな弟と対峙する兄を演じるジョエルくんと、キャスティングが絶妙やった。

なんとなく展開は読めるなかで、それぞれに背負うものや心のなかの傷を抱えながら、必死に勝利を目指して戦う姿ってのは、やっぱり観てて熱くさせられるし、グイグイと引き込まれてまうんよね。

この手の作品は、どうしても好き嫌いが分かれるところではあるんやけど、これで劇場未公開ってのは、ちょっともったいないことをしたなぁって思ってもうたよ!?

« 『ジョン・ウィック』 | トップページ | 『白河夜船』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事