« 『ポンペイ』 | トップページ | 『パレードへようこそ』 »

2015年10月 9日 (金)

『明烏 あけがらす』

今日は、邦画のコメディものをひとつ、ご紹介♪

この作品の監督の福田くんは、鈴木亮平と、先のNHKの朝ドラに出てた清水富美加が出演した『HK/変態仮面』でスッカリとハマり、続く桐谷美玲が有村架純なんかと一緒に出演してた『女子ーズ』でも不覚にも心奪われ(?)、その少しズレた笑いのセンスが個人的に妙にクセになってもうてるんよ(笑)

そんなわけで、この作品もレンタルが開始されたところで、すかさず手にしたんやけど、主演の菅田くんは、最近、ドラマなんかでも話題になってるようで、演技ができる若手ってことで、そこらあたりも注目なのかもね。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

明烏 あけがらす   ★★★☆☆   (2015年)

監督:福田雄一
出演:菅田将暉、城田 優、ムロツヨシ、佐藤二朗、若葉竜也、柿澤勇人、吉岡里帆、新井浩文、松下優也

東京・品川にある場末のホストクラブで働く男は、闇金に借りた借金の返済日の前日に、野球賭博で大儲けして、お祝いにクラブのオーナーや同僚と宴会をする。翌朝、目が覚めると、誰も金のことを知らず、どうやら夢だったと気づくのだが.............ってなコメディ?!

借金とオサラバできると思ったら、返済できずに海の底に沈められる運命に.............刻一刻とタイムリミットが迫るなかで、果たしてダメ男の彼に未来は..............ってな感じで、個性的な登場人物を絡めて、シチュエーション・コメディをってなとこなんよ。

基本的にはくだらないボケの応酬でオモシロおかしくってことなんやけど、なんか話のスジは読めてまうだけに、小さなジャブを数多く繰り出されても、ちょっと一本調子で盛り上がりきらんかった。

若手の俳優をフィーチャーして、活きのいいところで勝負ってのもあるんやろうけど、その中では、意外なところで紅一点の吉岡くんが印象的やったね。まだキャリアも浅く、これからではあるんやけど、インパクトのある演技をしとったよ。

というわけで、これまでの“福田作品”と比べると、独特の“ユルさ”も“ユーモア”もイマイチ足りない感じではあったけど、それなりにヒマつぶしくらいには...........ってとこかもね?!

« 『ポンペイ』 | トップページ | 『パレードへようこそ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事