« 『天使が消えた街』 | トップページ | 『0.5ミリ』 »

2016年2月11日 (木)

『かけがえのない人』

今日は、ベストセラー作家のニコラス・スパークスの原作を映画化した作品をひとつ、ご紹介♪

ニコラス・スパークスと言うと、結構な確率で映画化されてる作家っていうイメージがあるんよね。ライアン・ゴズリングとレイチェル・マクアダムスが共演した『きみに読む物語』は、個人的には何回観ても泣けてまう映画で、原作も号泣しながら読んだくらいやもんね(笑)

ただ、それ以外の映画化された作品はというと....................人気小説をネタにして、話題のキャストで作ってるのが多いものの、どうもピンとくるのがないのも事実のような気がするんよなぁ。

というわけで、それでも多少の期待をして手にした作品の感想は..........................?!

かけがえのない人 / The Best Of Me   ★★★☆☆   (2014年)

監督:マイケル・ホフマン
出演:ジェームズ・マースデン、ミシェル・モナハン、ルーク・ブレイシー、リアナ・リベラト、ジェラルド・マクレイニー、クラーク・ピータース、イアン・ネルソン、ジョン・テニー、セバスチャン・アーセラス

若い頃の恩人が亡くなり、その遺書により故郷に戻った男は、同じように故人の願いでやって来た昔の彼女と再会する。21年ぶりに会った彼らには、忘れることのできない過去が..............ってな恋愛ドラマ?!

麻薬の売人の息子として育った男と、良家の子女として育った男、そんな彼らは高校生のときに出会い、互いに惹かれあい愛し合ったのだが...............ってなことで、別々に生きてきた男女の忘れられない愛のドラマってとこなんやろね。

現在のふたりと、若い頃のふたりの話が並行して展開するんやけど、う~ん、何が残念って、それぞれの若い頃を演じる役者が似てなさすぎて、大人になってからと完全に骨格が違ってるもんやから違和感がありすぎてもうて........(苦笑)

そんでもって、途中までは“なくはないなぁ”って思いながら観てたんやけど、最後のオチがあまりにもベタすぎて...............。ニコラス先生の原作が、こんな話なのかは読んでないんで分からんのやけど、ちょっと“ヤリすぎ”感がありすぎやったね(苦笑)

« 『天使が消えた街』 | トップページ | 『0.5ミリ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事