« 『インモラル・ガール ~秘密と嘘~』 | トップページ | 『私の少女』 »

2016年2月16日 (火)

『種まく旅人 ~くにうみの郷~』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

“種まく旅人”ってタイトル、どっかで見たなぁって思ったら、以前に有機栽培のお茶作りに励む大分のお茶農家を描いた『種まく旅人 ~みのりの茶~』って作品をおススメしたのを思いだしたよ。

どうやらエグゼクティブ・プロデューサーってのが同じひとらしく、この作品が“第2弾”ってことで、作品のホームページを検索すると、どうやら第3弾ってのが岡山を舞台に、すでに撮影を終えてるらしいんよね。

第1弾のキャスティングも良かったんやけど、この作品も.................ってことで、感想をね?!

種まく旅人 ~くにうみの郷~   ★★★☆☆   (2014年)

監督:篠原哲雄
出演:栗山千明、三浦貴大、桐谷健太、谷村美月、根岸季衣、山口いづみ、豊原功補、永島敏行、重松 収、音月 桂

農林水産省のエリート官僚の女は、上司の命令で淡路島で地域調査官として、しばらく働くよう言われる。農業と漁業が盛んな土地で、いろいろと体験しながら、調査をするのだが..............ってなドラマ?!

海で海苔の養殖をする男と、山で玉ねぎ栽培をする男、そんな仲の悪い兄弟と出会い、戸惑いながらも、あるプロジェクトの実現に奔走し..............ってなことで、なかなかオモロイ話が展開するんよ。

これ、キャスティングが絶妙で、栗山くんの少し尖ったキャラと、桐谷くんの暑苦しさ、それに三浦くんのクールさが、エエ具合にハマってた。

そこに、さりげなく根岸のおばちゃんや、豊原くん、谷村くんあたりが脇を固めながら、しっかりと話に安定感を持たせてるんよ。

ちょっとベタなところが惜しいとは思うんやけど、自然のなかでその恵みを糧に頑張る農家と水産業、海と山の調和と人間の絆、そんなものを感じさせてくれる話は、なかなか爽やかで、悪くなかったね。

« 『インモラル・ガール ~秘密と嘘~』 | トップページ | 『私の少女』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事