« 『MI5:世界を敵にしたスパイ』 | トップページ | 『天使が消えた街』 »

2016年2月 9日 (火)

『東京無国籍少女』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、ちょこっとDVDのパッケージにインパクトがあって、“驚愕のラスト15分”がどうしたこうしたって書かれてるのを見て、ちょっと興味がわいて手にしたってわけ。

監督の押井くんといえば、もともとアニメの製作で有名なひとで、日本のアニメ映画で初めてカンヌ映画祭のコンペティション部門に出展したとか、輝かしい功績を持ってるんよね。

でもって、そんな監督さんが実写映画でヒロインに抜擢した清野くんは、園 子温 監督の『TOKYO TRIBE』でキレキレのアクションを見せて、ちょっと話題になってた女優さんで、高校の部活動でアクションの指導を受けてたんやって。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

東京無国籍少女   ★★☆☆☆   (2015年)

監督:押井 守
出演:清野菜名、りりィ、金子ノブアキ、田中日奈子、吉永アユリ、花影香音

PTSDで心に深い傷を抱えた、美術系の高校に通う女の子は、体の不調に悩まされながらも、巨大なオブジェの製作に打ち込むことで、何とか日々をやり過ごしていたのだが.............ってな学園ドラマ??

学校生活に馴染めずに苦悩する女の子と、彼女に冷たくあたる同級生や担任の教師、どこか違和感のある話は衝撃のラストへ...........ってなことなんやろうけど、う~ん、オモロイかどうかと聞かれると、なんか違う気がするんよね(苦笑)

主演の清野くんをフィーチャーしてってのが目的なんやろうから、その意味では間違ってはないんやと思いつつ、どうでもエエような“衝撃”に、あまり感じるものはなかったかな。

確かに、見事な匍匐前進と回し蹴りを決めるヒロインってのは、見どころなのかもしれんけど.................ね?!(笑)

« 『MI5:世界を敵にしたスパイ』 | トップページ | 『天使が消えた街』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事