« 『パーフェクト・メモリー』 | トップページ | 『彼は秘密の女ともだち』 »

2016年3月22日 (火)

『Plastic Love Story プラスチック・ラブ・ストーリー』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この映画を監督してる中川龍太郎ってひと、インディーズ系で注目されてるらしく、光石 研や池松壮亮なんかが出演した『愛の小さな歴史』って作品が東京国際映画祭で上映されたときは、チケットが完売したってのがニュースになったんやって。

今年の東京国際映画祭でも、太賀や黒川芽以が出演する『走れ、絶望に追いつかれない速さで』ってタイトルの新作が上映されることが決定してるらしく、どうも盛り上がってる風なんよ(笑)

というわけで、そんな監督さんが作った作品の感想は..........................?!

Plastic Love Story プラスチック・ラブ・ストーリー   ★★★☆☆   (2013年)

監督:中川龍太郎
出演:坂田麻衣、高橋愛実、山脇夕海、廣瀬尚貴、今野康裕、金良駿一郎、大塚ニコル、梅津直人、下田奈奈、広井龍太郎、藤川めぐみ

中学のときに知り合った同級生が忘れられない女の子、大学の清掃員に告白された女の子、弟の死を引きずって生きている女子高生、それぞれに悩みながら生きる3人の女性を描いたドラマ?!

満たされない心を抱えて生きる3人の若い女の子のエピソードをつなぎながら、“愛”について考えるってなとこなんかな。

出だしのバラバラな感じから、どうなるかと心配してもうたんやけど、さすがに後半にかけて、それなりに話をまとめてたね(苦笑)

少し実験的な手法で、印象的なドラマにってことなのかもしれんけど、話が分かりにくく、ちょっと頭の中で整理しながら観てて、疲れてもうたよ。

低予算で作ってるみたいで、演じる側も慣れてないのか、棒読みなセリフが目についてもうて、作り手の気持ちは分からんでもないんやけど、それが上手く伝わってこない“もどかしさ”のようなものがあったかな?!

« 『パーフェクト・メモリー』 | トップページ | 『彼は秘密の女ともだち』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事