« 『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』 | トップページ | 『映画 みんな!エスパーだよ!』 »

2016年4月21日 (木)

『Dearダニー 君へのうた』

今日は、アル・パチーノおじさんの最新作をひとつ、ご紹介♪

どっかで“アル・パチーノ、キャリア最高傑作”みたいなキャッチを目にした気がするんやけど、ここでそれを言われてまうと、ゴッドファーザーのシリーズや『セルピコ』『セント・オブ・ウーマン』でのアカデミー賞主演男優賞はなんやったんやろうって思ってまうやんか(笑)

確かに、この作品での演技でゴールデン・グローブの男優賞にノミネートされたってのは事実やから、それなりに評価を受けたってことなんかな。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

Dearダニー 君へのうた / Danny Collins   ★★★☆☆   (2015年)

監督:ダン・フォーゲルマン
出演:アル・パチーノ、ボビー・カナヴェイル、クリストファー・プラマー、アネット・ベニング、ジェニファー・ガーナ―、ジゼル・アイゼンバーグ、メリッサ・ブノワ、ジョシュ・ペック、カタリーナ・キャス、スコット・ローレンス、ニック・オファーマン、マイケル・パトリック・マッギル、ブライアン・トーマス・スミス

かつての人気歌手は、過去のヒット曲をツアーで歌いながら生活をしていた。親友でありマネージャーから、誕生日プレゼントに、かつてジョン・レノンが自分宛に書いて、手元に届かなかった手紙を渡された男は、新曲を書くことを決意するのだが..............ってなドラマ?!

過去の栄光にすがり、安易に暮らしていた男が、1通の手紙をキッカケに気持ちを入れ替え、過去と向き合いながらも、新たな一歩を踏む出そうとする、そんな“人生やり直し”ドラマってとこなんかな。

主演のアル・パチーノは、お世辞にも歌が上手いとは言えず、そういう意味ではリアリティに欠けるんやけど、アル中ぎみなところと軽妙な演技は役柄にハマってたね(笑)

どちらかというとシリアスな“重さ”を前面には出さない作りなもんやから、話の深みってのはなく、感動のドラマって感じではないところが、ちょっと期待してたものとは違ったんやけど、まぁ、全体のデキとしては、ボチボチってとこなんかなぁ?!

« 『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』 | トップページ | 『映画 みんな!エスパーだよ!』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事