« 『ラブストーリーズ コナーの涙』 | トップページ | 『世界から猫が消えたなら』 »

2016年5月26日 (木)

『ラブストーリーズ エリナーの愛情』

今日は、昨日、紹介した『ラブストーリーズ コナーの涙』と対を成す作品をひとつ、ご紹介♪

一組の夫婦の出来事を夫側からと妻側から描いてるわけやけど、実は、シリーズものとして(?)『The Disappearance of Eleanor Rigby: Them』ってのも作られてて、この2作とは別に、翌年にアメリカで公開されてるらしい。

ひとつのネタで3倍稼ごうとするその戦略、なかなか侮れんやないですか(笑)

詳細なことは分からんのやけど、どうやら夫編と妻編を編集したものをあわせて、通常のひとつの映画にしたものみたいで、特に目新しいものはないのかもしれんね。

というわけで、妻側の言い分を..........................?!

ラブストーリーズ エリナーの愛情 / The Disappearance of Eleanor Rigby: Her   ★★★☆☆   (2013年)

監督:ネッド・ベンソン
出演:ジェシカ・チャスティン、ジェームズ・マカヴォイ、ヴィオラ・デイヴィス、イザベル・ユペール、ウィリアム・ハート、ジェス・ワイクスラー、ワイアット・ラルフ、キャサリン・ウォーターストン、ニナ・アリアンダ、ライアン・エッゴールド

結婚して7年、かつて愛した夫との別れを決意した妻は、実家に戻り、心の整理をして前に進もうと苦悩するのだが................ってな夫婦ドラマ?!

ある出来事をキッカケに、夫とふたりでいることに耐えられなくなり、夫婦であることから逃げてしまった妻は、見失った人生を見つけようとするのだが.............ってな感じで、同じ時間軸を妻側から見たドラマをってね。

夫編で語られなかった出来事や、幸せな回想シーンなんかで、彼女の胸のなかの苦しみと迷いを描きってことなんやろうけど、思ったほど心情が伝わってこんのよ。

2作続けて観ると、同じシーンでセリフやシチュエーションがビミョーに違ってたりして、どうもスッキリせんのよなぁ。まぁ、そんなわけやから、同じセリフを言ってるのに字幕が違うなんてことは、おそらくとるに足らないことなんやろうとは思うんやけど.................(苦笑)

同じ時間軸を異なる立場の視点からドラマを作るってのは、確かにアイデアとしては興味深いんやけど、細部の作りの甘さを見てまうと、ちょっと作り手の本気度に疑問を感じてまうんよなぁ...............?!

そもそもヒロイン役に興味が持てないっていう主観的すぎる好みの基準が、作品を評価するにあったての一番の問題なのかもしれんけど................(笑)

« 『ラブストーリーズ コナーの涙』 | トップページ | 『世界から猫が消えたなら』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事