« 『イマジン』 | トップページ | 『レヴェナント 蘇えりし者』 »

2016年5月13日 (金)

『図書館戦争 THE LAST MISSION』

今日は、続きものの邦画をひとつ、ご紹介♪

一作目の『図書館戦争』が果たしてヒットしたのかどうかってのは、正直、よう分からんのやけど、まぁ、こうして同じメンバーで続編が作られたってことは、それなりの評価やったんやろね。

他のDVDを借りたときに目にした予告を見てて、主演ふたりの身長差がごっつい気になったんやけど、本編でそのあたりをネタにしてるところを見ると、某事務所的にもそこで笑いを取ってもOKやったらしい。

そんなどうでもエエことを気にしながら鑑賞した作品の感想は.......................?!

図書館戦争 THE LAST MISSION   ★★★☆☆   (2015年)

監督:佐藤信介
出演:岡田准一、榮倉奈々、田中 圭、栗山千明、福士蒼汰、松坂桃李、石坂浩二、橋本じゅん、西田尚美、螢 雪次朗、波岡一喜、手塚とおる、土屋太鳳、相島一之、児玉 清、デビット伊東

国家によるメディア統制に対抗するべく活動する図書隊だったが、検閲する側とのハゲしい衝突が繰り返されるのだが..............ってな、本をめぐる銃撃アクション??

強引な検閲に抵抗しながら、人々に本を伝えたい、そんな使命で戦う隊員たちだったが、ある本の展覧をめぐり、命がけの攻防が...............ってな感じで、戦争アクションが繰り広げられるんよ。

なかなか勢いのある展開で、観る側を飽きさせない工夫はされてたかな。でもって、圧倒的な権力側と戦うっていう、ある種の刹那で、判官びいき的心情を引き出すあたり、話として巧いと思うんよ。

アクション一辺倒にならず、コミカルな要素も入れてってところは悪くないんやけど、どう考えても頭がキレそうやない榮倉くんが必死に本を守るってところに、違和感があったりして.................(苦笑)

それに、まぁ、話の流れとしてしょうがないんやろうけど、50数名の隊員が撃たれても減らない、まるでゾンビ化したような感じとか、あまりにも都合が良すぎてもうて................。

娯楽作品としては、最低限の合格点を出してるとは思うんやけど、それ以上のもは正直ないかもなぁ..............?!

とりあえず“LAST”ってタイトルで言ってるくらいやから、これで終わりなんかな。と思わせつつ、海猿的に続く可能性も否定できんけどね..................(笑)

« 『イマジン』 | トップページ | 『レヴェナント 蘇えりし者』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事