« 『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』 | トップページ | 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 »

2016年5月20日 (金)

『先生と迷い猫』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

なんか、今、えらい“猫ブーム”なんやってね。でもって、2兆円とも言われる市場規模を、安倍ちゃんの“アベノミクス”をもじって“ネコノミクス”って言うらしい..............(笑)

確かに、ここ最近、猫がタイトルに入った映画が増えてる気がするし、通勤途中にある広場では、そこに住んでる(?)猫を朝から鑑賞してる(??)サラリーマンの姿があったりして、流行りものには疎いハゲおやじでも、なんとなくブームの気配を感じてるんよ。

というわけで、『太陽』って作品では昭和天皇を演じてた、あのイッセー尾形が猫とからむ映画ってことで、そんな作品の感想は....................?!(笑)

先生と迷い猫   ★★★☆☆   (2015年)

監督:深川栄洋
出演:イッセー尾形、岸本加世子、染谷将太、北乃きい、ピエール瀧、もたいまさこ、佐々木すみ江、カンニング竹山、嶋田久作、久保田紗友

学校で校長をやっていた男は、定年退職して、ひとり暮らしをしていた。そんな彼の家には、亡くなった妻がかわいがっていた野良猫が入り込んでくるのだが、猫を見るたびに妻を思い出すのがつらい彼は、その猫を追い出すのだが..................ってなドラマ?!

偏屈で変わり者の男は、友達もなく、孤独に生きていたが、一匹の猫との関係から、次第に彼の心境にも変化が生じ...............ってな感じで、ホノボノ系を狙ってるんかな。

原作は知らないんで、キャラ的にどうってのは分からないんやけど、映画のなかのこの役のテイストはイッセーおじさんならではやと思う。

ただ.............せっかくの演技ではあるんやけど、作品としてどうかって言われると、そこまで盛り上がるものもなく、個人的にはこの手のイッセーおじさんを使いこなしてないのを“イッセー尾形の無駄遣い”って表現してるんよ。

猫とひとの触れ合いで町のひとたちがつながり、変わっていく、そんな話は猫好きにはエエんやろなぁ..............でも、オレ、犬派なんよ................?!(笑)

« 『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』 | トップページ | 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事