« 『スノーホワイト/氷の王国』 | トップページ | 『タイム・トゥ・ラン』 »

2016年6月 5日 (日)

『海よりもまだ深く』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、注目の(?)邦画をひとつ、ご紹介♪

是枝監督といえば、前作の『海街 diary』で日本アカデミー賞の監督賞と作品賞を受賞して、すっかり日本を代表する人気監督ってな感じなんかな................まぁ、個人的に日本のアカデミー賞で認められることが、どれほどの価値なのかは疑問なんやけど(笑)

この作品で親子を演じてる阿部 寛と樹木希林は、実は是枝作品では『歩いても 歩いても』でも親子を演じてて、これが2回目なんよ。でもって、その時の役名も今回と同じ“良多”と“とし子(淑子)”ってことで、アテ書きして脚本を作ったんやって。

ちなみに、『そして父になる』の主人公の名前も“良多”やったんやね.............まぁ、失敗することもあるわな(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

海よりもまだ深く   ★★★☆☆   (2016年)

監督:是枝裕和
出演:阿部 寛、樹木希林、真木よう子、小林聡美、池松壮亮、吉澤太陽、リリー・フランキー、橋爪 功、小澤征悦

かつて小説で賞をもらったこともあるが、今は鳴かず飛ばずで探偵事務所で働く男は、ギャンブルが趣味で、別れた妻の新しい恋人が気になって調査する、そんな冴えない日々を送っていたのだが.............ってな家族ドラマ?!

何をやってもうまくいかず、満足に生活費も稼げない暮らしをするダメ男を中心に、そんな息子を見守る母親や、別れた女房、息子との関係を独特の雰囲気で描くってとこなんかな。

ドラマとしては、特にメリハリがあるわけでもなく、どちらかというと漫然とした流れで進むんやけど、阿部ちゃんと樹木おばちゃんの会話の掛け合いが絶妙やった。

真木くんも、ダメ亭主と別れて息子を必死に育ててる、そんなキャラを上手く演じてて、監督さんの思い描いてる世界観に演じ手もフィットしてる心地よさみたいなのを感じたね。

同じように、いい歳してフラフラと生きてるオヤジには、なんや、さりげなく胸に響くセリフがあったりで、後からジワジワとくるものがあったかも。まぁ、「なりたい大人になれたか?」なんて聞かれたら、かなりヘコんでまいそうやなぁ..........................(苦笑)

何か特別ドラマチックな話を期待すると、きっと肩すかしをくらうんかもしれんけど、こんな“さりげない優しさ”を感じる語り口ってのは、監督さんらしさが出てて、個人的には嫌いやないんよね?!

« 『スノーホワイト/氷の王国』 | トップページ | 『タイム・トゥ・ラン』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事