« 『卵』 | トップページ | 『スノーホワイト/氷の王国』 »

2016年6月 3日 (金)

『グラスホッパー』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、原作は人気作家の伊坂幸太郎のベストセラー小説なんやってね。最近、文庫本で日本の小説を通勤時間に読んだりするんやけど、伊坂作品は1作しか読んだことなくて、当然のことながら、この原作本もよう知らんのよ。

監督の瀧本くんと主演の生田くんは、『脳男』っていう作品でもタッグを組んでて、そういえば、石橋のおじさんも、その時に共演しとったね。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

グラスホッパー   ★★★☆☆   (2015年)

監督:瀧本智行
出演:生田斗真、浅野忠信、山田涼介、吉岡秀隆、波留、麻生久美子、菜々緒、佐津川愛美、石橋蓮司、宇崎竜童、村上 淳、金児憲史、山崎ハコ

ハロウィンの夜に渋谷のスクランブル交差点で起きた暴走車による無差別殺人事件で恋人を失った男は、何者かによって別に真犯人がいることを告げられ、復讐を決意するのだが................ってなサスペンス??

裏社会を仕切る親子に近づこうとするが、そこに3人の殺し屋が絡み、事態は複雑になり.............ってなことで、気弱な元教師が巻き込まれて大騒ぎってね(笑)

う~ん、それなりに展開にリズムがあって、観れなくはないんやけど、なんか物足りなさというか、期待してたものと違うんよなぁ。

まぁ、原作は知らんだけに、元々がこれぐらいの軽いテイストの話なんかもしれんけど、監督と主演が同じで、更にバーターまで付いてきて、ゴリゴリの先入観で見てまうせいか、やっぱりこの程度かなぁって思ったりして..........(苦笑)

なんとなくイロイロな人物の感情が入り乱れてっていう設定は、ネタとしてはオモロそうかなぁって思ったんやけど、そんな期待に十分に応えてもらえんかった、そんなとこかもね..............残念?!

« 『卵』 | トップページ | 『スノーホワイト/氷の王国』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事