« 『奇跡のひと マリーとマルグリット』 | トップページ | 『殿、利息でござる!』 »

2016年6月 9日 (木)

『Re:LIFE~リライフ~』

今日は、ヒュー・グラント主演の作品をひとつ、ご紹介♪

監督のマーク・ローレンスくんは、これまでに映画を4本監督してるんやけど、実は、そのすべての作品でヒュー・グラントが主役を演じてるんよね。

サンドラ・ブロックと共演した『トゥー・ウィークス・ノーティス』に始まり、ドリュー・バリモアと共演した『ラブソングができるまで』、サラ・ジェシカ・パーカーと共演した『噂のモーガン夫妻』、そして今作ということで、いずれもコメディ調のヒューくんらしい作品で、役者をどう使うかってのはよく熟知してるってところなんやろなぁ。

というわけで、そんな久々コンビの作品の感想は......................?!

Re:LIFE~リライフ~ / The Rewrite   ★★★☆☆   (2014年)

監督:マーク・ローレンス
出演:ヒュー・グラント、マリサ・トメイ、ベラ・ヒースコート、クリス・エリオット、J・K・シモンズ、アリソン・ジャネイ、スティーヴン・カプラン、エミリー・モーデン、アニー・Q、アヤ・ナオミ・キング、ダマリス・ルイス、マギー・ゲハ、アンドリュー・キーナン=ボルジャー、ローレン・マックリン

かつてオスカーを受賞したこともあるが、その後はヒット作もなく、完全に落ち目の脚本家は、エージェントのススメで田舎の大学で脚本を教える講師をすることに..............ってな人生やり直しコメディ?!

何をどう教えていいのかも分からず、受講生を顔の好みで決めて、適当にやろうとするが、同じような年代のシングルマザーの熱心な学生に教えを請われ、次第に変化が..............ってな感じで、まさに“ヒュー・グラント系脱力コメディ”に仕上がってるんよ。

ハリウッドの華やかな舞台から退場し、どこか人生を諦めてるダメ男が、学生の素直な気持ちに向き合い、新しい一歩をってところを、重くならずに飄々と演じるあたりが、さすがやったね。

原題の"Rewrite"は“書き直しする/修正する”って意味で、脚本家である主人公の仕事と人生のやり直しと掛けてるわけやけど、邦題の"Relife"ってのは造語で、しかも"Re"の後ろにコロンが入ってもうたら“件名:人生”になってまうんやけど................どうでもエエんやけど、このセンスの悪さがなんか気になるんよなぁ...................?!(苦笑)

« 『奇跡のひと マリーとマルグリット』 | トップページ | 『殿、利息でござる!』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事