« 『ザ・ガンマン』 | トップページ | 『Dressing Up ドレッシングアップ』 »

2016年7月 4日 (月)

『リトル・バード 164マイルの恋』

今日は、青春映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、“未体験ゾーンの映画たち2016”っていう、普通には劇場公開されないような作品を集めて上映してみるっていう、企画もののひとつとして公開されたらしい。

これ、サンダンス映画祭で観客賞にノミネートされたらしく、ナショナル・ボード・オブ・レビューでは独立系作品のトップ10位に入ったんやって。

主演のひとり、ジュノー・テンプルはイギリス出身の若手で、大作系でも主要キャストで出演したりして、なかなか注目されてる感じやね。

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

リトル・バード 164マイルの恋 / Little Birds   ★★★☆☆   (2012年)

監督:エルギン・ジェームズ
出演:ジュノー・テンプル、ケイ・パナベイカー、ケイト・ボスワース、レスリー・マン、ニール・マクドノー、カイル・ガルナー、クリス・コイ、カルロス・ペナ

寂れた町で暮らす10代の女の子ふたりは、姉妹のように育ち、いつも一緒だった。ある日、ロスから遊びに来ていた青年たちと出会い、ひとりが退屈な町を出てロスに行こうと言い出し、もうひとりも付き合うことに.............ってな青春ドラマ?!

刺激のない田舎暮らしにうんざりし、好きになった男の子と再会するためにロスに向かうが、思い描いたようにはいかず...........ってなことで、一時の熱情で暴走する、しょっぱり青春をってとこなんかな。

う~ん、話としては実にありがちな展開で、特にインパクトのない感じやった。そもそも、主役のふたりのうち、当然ながら知名度でいってもジュノーくんがメインなわけやけど、個人的な好みとして“ブスな方”って言われてる方が気になってる時点で、話に入り込めてないんよね(苦笑)

世間知らずの10代の女の子たちの冒険が、思わぬ結果を招いてしまい、そんな経験をして成長する、まぁ、分からんでもないんやけど、既視感のあるドラマでは、あまり伝わるものもなかったかなぁ................?!

« 『ザ・ガンマン』 | トップページ | 『Dressing Up ドレッシングアップ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事