« 『春子超常現象研究所』 | トップページ | 『1001グラム ハカリしれない愛のこと』 »

2016年7月13日 (水)

『ベルファスト71』

今日は、イギリスの映画をひとつ、ご紹介♪

監督さんは、TVドラマで腕を磨き、これが長編映画デビューってことらしいんやけど、この作品でイギリスアカデミー賞の英国映画賞にノミネートされたり、ベルリン国際映画祭で賞を受賞したりと、いろいろと評価されたんやって。

イギリス国内の評価だけやなくて、ヨーロッパの映画祭やアメリカでも賞を受賞し、話に少なからず関係してるアイルランドでも賞をもらったりしてるらしい。

というわけで、そんな作品の感想は..................?!

ベルファスト71 / '71   ★★★☆☆   (2014年)

監督:ヤン・ドマンジュ
出演:ジャック・オコンネル、リチャード・ドーマー、ポール・アンダーソン、ショーン・ハリス、サム・リード、デヴィッド・ウィルモット、キリアン・スコット、マーティン・マッキャン、チャーリー・マーフィ、バリー・コーガン

イギリスよりのプロテスタントとアイルランドよりのカトリックが対立する北アイルランドのベルファスト。現地入りしたばかりのイギリス軍の新兵は、簡単な警護のはずが暴動に巻き込まれ、部隊とはぐれて取り残されるのだが...............ってなドラマ?!

敵意をむき出しにしてくる人々に包囲され、敵として命を狙われるが........ってなことで、戦場と化した市街地でのサバイバルを描いてるんよ。

この作品、安っぽいアクションものにするのでではなく、70年代はじめの政治的背景を踏まえたうえで、普通のひとたちが“戦争”に巻き込まれ、苦しむ姿ってのを切り取ってるところがナイスで、なんやグィッと話しに引き込まれるんよなぁ。

どことなく憎しみ合うことで生まれる状況の理不尽さのようなものが出てて、少し複雑な気分になって、考えさせられてもうたよ。

イギリス映画らしい(?)地味さを漂わせながらも、なかなか見ごたえのある内容やったんと違うかな?!

« 『春子超常現象研究所』 | トップページ | 『1001グラム ハカリしれない愛のこと』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事