« 『1001グラム ハカリしれない愛のこと』 | トップページ | 『キリング・フィールド』 »

2016年7月15日 (金)

『はなちゃんのみそ汁』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタは33歳でガンのために亡くなった女性が綴ったブログを書籍化したものらしく、2014年に日テレの“24時間テレビ”のなかのドラマスペシャルとして放映されたんやって。

心の荒んだハゲおやじには、24時間テレビの大義が胡散臭く思えて、まったく見たことがないんで、そんなドラマがあったことも知らんかったんやけど、ドラマの際には妻役を尾野真千子が演じ、夫役をさすが日テレってことで、某事務所のタレントさんが演じてたらしい。

というわけで、そんなドラマの映画版の感想は...................?!

はなちゃんのみそ汁   ★★★☆☆   (2015年)

監督:阿久根知昭
出演:広末涼子、滝藤賢一、紺野まひる、春風ひとみ、遼河はるひ、平泉 成、北見敏之、高畑淳子、赤井英和、古谷一行、鶴見辰吾、原田貴和子、木村理恵、赤松えみな

彼女が乳がんを患い、それでも結婚した夫婦は、子供を授かることに。出産によるがんの再発リスクに悩みながらも、産むことにしたのだが...............ってな、実話を基にした家族の物語?!

病気と闘いながらも、結婚して出産し、一生懸命に子供を育てる、そんな夫婦の姿を笑いと涙で描くってとこなんやろなぁ...........。

夫役の滝藤くんは、相変わらずの芸達者ぶりで、飄々としながらも妻を想う夫ってのを、いい感じで演じてたかな。

まぁ、観る前から分かってることではあるんやけど、問題は“いつもどおり”に平たい演技を繰り広げる広末くんなわけで、このキャスティングは一体、誰得なんやろうって考え込んでもうた。

キャラ設定で声楽を学んでたってことで、大事な場面で歌声を披露するんやけど..............声の出し方が違うわけやから、どう考えてもムリやんか。

どうせなら「MajiでKoiする5秒前」でも歌ったら良かったのにって思ってもうた................?!(笑)

« 『1001グラム ハカリしれない愛のこと』 | トップページ | 『キリング・フィールド』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事