« 『愛の小さな歴史』 | トップページ | 『殺されたミンジュ』 »

2016年8月24日 (水)

『愛しき人生のつくりかた』

今日は、フランスのホノボノ系ドラマをひとつ、ご紹介♪

監督さんは、これが長編3作目にあたるらしく、本国フランスでは100万人を動員したってことらしく、どうやら大ヒットしたみたいやね。

フォランソワ・トリュフォーの作品『夜霧の恋人たち』で使われてた名曲を主題歌にしてるってことで、この作品自体がトリュフォーへのオマージュになってるらしいんやけど、個人的にあまりトリュフォーを知らんので、そのあたりはイマイチ分からんのよ。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

愛しき人生のつくりかた / Les Souvenirs   ★★★☆☆   (2015年)

監督:ジャン=ポール・ルーヴ
出演:アニー・コルディ、ミシェル・ブラン、マチュー・スピノジ、シャンタル・ロビー、フローレ・ボナヴェントゥーラ、ジャン=ポール・ルーヴ

祖父が亡くなり、ひとり暮らしになった祖母を心配し、父親は介護ホームに入れるが、祖母と仲のいい息子は、暇さえあればホームに様子を見に行くのだが.............ってな家族ドラマ?!

ひとりになって寂しい祖母、定年になってから夫婦関係がギクシャクして、離婚の危機に直面してる両親、将来もハッキリせず、恋人もいない息子、3世代それぞれの悩みを抱えながら、家族の悲喜こもごもをってとこなんかな。

シリアスすぎず、軽すぎず、ほどよい感じで人生の蘊蓄を語りつつってなドラマに仕上がってるあたり、なかなか悪くなかったかもね。

本国フランスで大ヒットと聞いて、もう少し感動やらがあるんかと期待したところで、ちょいと物足りなさはあったんやけど、それでも小難しさもなく、サラリと観れるという意味では、ボチボチやったかな?!

« 『愛の小さな歴史』 | トップページ | 『殺されたミンジュ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事