« 『完全なるチェックメイト』 | トップページ | 『ハッピーエンドの選び方』 »

2016年8月19日 (金)

『流れ星が消えないうちに』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品で主演を務める波留くんといえば、大ヒットしたNHKの朝ドラの主人公ってことで、その後のドラマもボチボチな評判やったらしく、なんか完全にブレイクした感じやね。

ちなみに、これ、出演者をざっと眺めてみると、波留くんが「あさが来た」の主演で、元カレ役の葉山くんは「まれ」の弟役、妹役で出てる黒島くんは「マッサン」に出てて、なんや朝ドラ出演者を集めたみたいになってるんよ。

で、クレジットを見て気づいたんやけど、今やってる「とと姉ちゃん」の小橋家3姉妹の次女役で密かに注目されてる(?)相楽くんも、ちょっと嫌な女役で出演してるんよなぁ。

というわけで、どうでもエエような前フリはここいらで終わりにして、作品の感想は.............?!

流れ星が消えないうちに   ★★★☆☆   (2015年)

監督:柴山健次
出演:波留、入江甚儀、葉山奨之、小市慢太郎、黒島結菜、西原亜希、古館寛治、石田えり、岸井ゆきの、相楽 樹、渡辺早織、八木将康

事故で亡くなった恋人のことが忘れられない女の子は、彼の親友だったひとと付き合いながらも、元カレのことが忘れられず、そんな彼女と付き合うカレも親友を裏切っているようで、それぞれに苦しんでいたのだが...............ってな喪失と再生のドラマ?!

元カレとの思い出が詰まった部屋では眠れず、玄関に布団を敷いて眠る彼女、そんな彼女のそばにいながらも親友の死と向き合えない彼、ふたりの関係の行方は..........ってな感じで、小市慢太郎がエエんよ..........って、なんのこっちゃ!(笑)

悲しみを背負って生きてる女の子を波留くんが演じてるんやけど、確かに演技は上手くなってるものの、やっぱり朝ドラのイメージが強烈やったせいか、マイナスキャラを演じるよりも、もう少しプラスなキャラを演じる方が合ってると思ってまうんよね。

話の方は、それなりに切ない流れで、そんななかにも救いがあるんで悪くはないんやけど、どうも胸に響くかっていわれると、そこまででもないんよなぁ。そんなわけで、ボチボチとってね?!

« 『完全なるチェックメイト』 | トップページ | 『ハッピーエンドの選び方』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事