« 『十字架』 | トップページ | 『砂上の法廷』 »

2016年8月31日 (水)

『これが私の人生設計』

今日は、イタリアの映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、“イタリア映画祭”なる企画で上映されたらしいんやけど、その時の邦題が「生きていてすみません!」やったらしい。まぁ、確かにネット辞書でそのまま検索すると、それっぽい文章が訳文として出てくるんやけど、作品の内容を観れば、さすがに作り手の意図するところが、そんなタイトルになるハズはないよね(苦笑)

主演のパオラ・コルテッレージくんは、イタリアのアカデミー賞で主演女優賞に輝いたことがあるひとで、この作品でもノミネートされたらしい。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

これが私の人生設計 / Scusate Se Esisto !   ★★★★   (2014年)

監督:リッカルド・ミラーニ
出演:パオラ・コルテッレージ、ラウル・ボヴァ、マルコ・ボッチ、ルネッタ・サヴィーノ、チェーザレ・ボッチ、コラード・フォルトゥーナ、フェデリカ・デ・コーラ、アントニオ・ダウジーリオ、エンニオ・ファンタスティキーニ

世界中で建築を学び、ロンドンでそれなりに建築家として成功を手に入れていたが、異国での暮らしに満たされない思いもあり、祖国イタリアに帰国することにしたのだが................ってなコメディ調のドラマ?!

イタリアでは女性というだけで建築家として認められず、レストランでアルバイトまでする生活だったが、公営住宅のリフォーム案の公募に男として申し込むと、自分の案が採用され..................ってなことで、仕事に恋に、なかなか上手くいかないながらも、ポジティブに頑張る女性を描くってね。

まぁ、ちょっと“ありがち”なドタバタものではあるんやけど、さりげないユーモアと前向きさで、気づいたら主人公に共感してもうてるところが、ドラマとしてエエんよね。

女性の自立や地位向上をテーマにしながらも、主人公の真っすぐなキャラや、個性的なサブキャラを駆使しながら、イタリア映画らしい陽気さで笑いとばすあたり、憎めないんよなぁ。

見た目に派手さはないものの、なんとなく応援したくなる、そんなパオラくんの存在感が、この作品の成功かもしれんね?!

« 『十字架』 | トップページ | 『砂上の法廷』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事