« 『神様なんかくそくらえ』 | トップページ | 『海賊じいちゃんの贈りもの』 »

2016年8月 9日 (火)

『シネマの天使』

今日は邦画のご当地映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、実際にある昔からやってる映画館が閉館することになって、その最後の姿を映像に残したいってことから企画されて実現したものらしい。

最近はシネコンが主流になってもうて、例えば少し公開から時間が経った作品を2本立てや3本立てで安く上映してくれる、そんなミニシアターがなくなってきてるのは、寂しいよなぁって思う。

“映画館で映画観る”ってのが、単にDVDを借りたりして“映画を観る”ってことにプラスして、いろんな思い出があったりして、特別なことやったりするやんね。忘れられないことって...............あるもんなぁ.............(笑)

というわけで、そんな映画館にまつわる作品の感想は..................?!

シネマの天使   ★★★☆☆   (2015年)

監督:時川英之
出演:藤原令子、本郷奏多、石田えり、ミッキー・カーチス、阿藤 快、横山雄二、及川奈央、岡崎二朗、安井順平、末武 太、國武 綾、西田篤史、佳村ちさか、那波隆史

広島県福山市で100年以上の歴史のある映画館が、ついに閉館することに。支配人や従業員、映画館に通う常連など、“最後の日”に向けて交差する様々な人たちの思いを綴ったドラマ?!

長い歴史に幕を下ろすことになった映画館を舞台に、そこに集う人たちの現在、過去、そして未来をってところなんかな。

かつては数少ない娯楽のひとつとして人気やった映画館も時代の流れのなかで淘汰され、次々と消えていく、そんな寂しさを噛みしめつつ、映画館のすばらしさを伝えたい、そんな“映画愛”を感じる作品やったかな。

まぁ、途中の演出で意味不明なところがあったりで、ちょっとどうかと思う部分はあるんやけどね(苦笑)

それでも、映画はひとの人生を豊かにするものやとか、映画館という場所で観た作品が、ずっと心に残るってたりするのは事実やし(誰といつ何を観たか、いろんな思い出が様々な感情と一緒になって頭のなかで巡ってもうたりして........)、この作品を観ながら、小さい劇場にも頑張ってほしいと思ったよ...............?!

ちなみにエンディングで映されてた、閉館した老舗の映画館のなかで、銀座のシネパトス、会社帰りに行ったなぁ.....................地下鉄の音と一緒に映画観たのが懐かしいってね(笑)

« 『神様なんかくそくらえ』 | トップページ | 『海賊じいちゃんの贈りもの』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事