« 『私たちのハァハァ』 | トップページ | 『サウルの息子』 »

2016年8月 6日 (土)

『ひつじ村の兄弟』

今日は、ヨーロッパの小国アイスランドの映画をひとつ、ご紹介♪

アイスランドって国は、人口が約33万人ほどらしく、ちょっと前に火山が噴火して、ヨーロッパの空の交通網がストップしてもうたってニュースがあったり、最近ではサッカーの欧州選手権(ユーロ)でイギリスを破ってベスト8に入って話題になったやんね。

そんなアイスランドで作られたこの作品は、カンヌ映画祭で「ある視点」部門でグランプリを獲得したらしく、また、本国アイスランドのアカデミー賞にあたるエッダ賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞といった主要部門を独占し、11冠に輝いたらしい。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

ひつじ村の兄弟 / Hrutar   ★★★☆☆   (2015年)

監督:グリーム・ハゥコーナルソン
出演:シグルヅル・シグルヨンソン、テオドール・ユーリウソン、シャーロッテ・ボーヴィング、ジョン・ベノニソン

隣に住んでいながら、ワケあって40年間、口もきいたことがない兄弟。ともに牧羊家として生計を立てており、毎年、羊の品評会でも競い合ってきたのだが、兄の羊が病気に感染していることが分かり、村のすべての羊の殺処分が決定し...................ってなドラマ?!

品評会で優勝した兄の羊が感染性の病気にかかっていることが判明し、酒浸りになって荒れる兄と、殺処分を受け入れながらも、密かにある計画を実行する弟、そんでもって騒動は意外な形で兄弟の関係に変化をもたらし...............ってなことで、家族ドラマが展開するんよ。

どこか“のんびり”したアイスランドの景色のなかで繰り広げられる兄弟ケンカは、緊迫感よりも微笑ましさが勝ってる感じやったね(笑)

例え争っていても、根っこの部分は同じ思いがある、そんな兄弟の切っても切れない“絆”ってのを描いてるんかな。

なかなか素朴で悪くなかったんやけど、どうもラストが意外すぎて..............まぁ、ある意味、テーマに対する答えが詰まってるものの、その後が気になってもうてなぁ..................?!

« 『私たちのハァハァ』 | トップページ | 『サウルの息子』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事