« 『セーラー服と機関銃 -卒業-』 | トップページ | 『不屈の男 アンブロークン』 »

2016年9月10日 (土)

『イット・フォローズ』

今日は、久しぶりにホラーものをひとつ、ご紹介♪

この作品、低予算で作られたものの、本国アメリカでえらい話題になって、インディペンデント・スピリット賞で監督賞や撮影賞なんかにノミネートされたんやって。

これが長編2作目の監督のデヴィッド・ロバート・ミッチェルくんは、えらい評価をあげて、次回作でダコタ・ジョンソンとアンドリュー・ガーフィールドが共演する犯罪スリラーものを監督する予定らしいんよ。

ちなみに、この作品のヒロイン役を演じてるマイカ・モンローといえば、ちょっと前に劇場で公開してた『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』で大統領の娘役を演じてた女優さんで、次回作が目白押しな注目の若手なんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.............................?!

イット・フォローズ / It Follows   ★★★☆☆   (2014年)

監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル
出演:マイカ・モンロー、ダニエル・ゾヴァット、リリー・セーペ、オリヴィア・ルッカルディ、キーア・ギルクリスト、ジェイク・ウィアリー

付き合い始めたばかりの彼氏と肉体関係をもった後に、彼から“何者か”が追いかけていて、捕まると殺されるという話を聞かされ、セックスをしたことで、その標的が彼女に移ったことを告げられるのだが.................ってなホラーもの?!

逃れる方法はただひとつ、誰かと肉体関係を持つこと、しかし、その相手が“何者か”に殺されたら、また自分に戻ってくる、そんな恐怖から必死に逃れようとするのだが..............ってなことで、なるほど、話としてはオリジナリティがあったかな。

出だしのインパクトがなかなかで、そこからドナイなるんやろうって少しビビったんやけど、ホラーといいつつ、案外オーソドックスな手法が多くて、そこまでエゲツなさはなかったかも。

まぁ、美女が恐怖に慄く姿ってのは、なかなか絵になるわけで、“ヤルか殺られるか”ってのは、なかなか考えたもんやねって、英語ではそうならんか................!(笑)

インパクトとアイデア勝負で、若手の俳優を使って低予算でってところでは、よく頑張ってるんやけど、途中の音響が異常にチープやったり、映像的に粗かったりで、前評判ほどの驚きはなかったかもね?!

« 『セーラー服と機関銃 -卒業-』 | トップページ | 『不屈の男 アンブロークン』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事