« 『ヒトラー暗殺、13分の誤算』 | トップページ | 『SPY/スパイ』 »

2016年9月18日 (日)

『ヘイトフル・エイト』

今日は、タランティーノの作品をひとつ、ご紹介♪

『レザボアドックス』『パルプ・フィクション』で一躍有名になったタランティーノなわけやけど、その後は“タランティーノ”ブランドが先行して、作品が評価されない時期が続いたわけやけど、久々にアカデミー賞で脚本賞を受賞した前作『ジャンゴ 繋がれざる者』で気をよくしたか、今回も変則的な西部劇で勝負ってとこなんかな。

この作品、賞レースでも話題になってたんやけど、評価はというと、相変わらずのアクの強さや、3時間近い尺のせいもあってか、好き嫌いが分かれる結果やったんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は............................?!

ヘイトフル・エイト / The Hateful Eight   ★★★☆☆   (2015年)

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン、ウォルトン・ゴギンズ、ジェームズ・パークス、ゾーイ・ベル、チャニング・テイタム、キース・ジェファーソン、デミアン・ビチル

お尋ね者の女を捕えて町に連れていく途中の賞金稼ぎの乗る馬車に、元北軍の騎兵隊だった別の賞金稼ぎが同乗することになり、更に新任の保安官が加わり、一行は吹雪を避けるために途中のロッジに避難するのだが..................ってなバイオレンス&ミステリー?!

雪原にポツリと建つロッジに、タマタマ居合わせた8人、やがて“事件”が起きて、それぞれの思惑が...............ってなことで、密室で血みどろの攻防がってね。

いやぁ~、2時間半を超える尺で、話の動き出すまでの長いこと...........で、調子が出てくると、グロさ炸裂で一気にいつもどおりのタランティーノ節でってか(笑)

話の前フリやら展開の都合で仕方がなかったんやろうけど、後半のムチャし放題なところに“らしさ”があるだけに、饒舌になりすぎずに、もう少しコンパクトにして勢いで勝負していって欲しかったかも。

それにしても、これ、間違ってもメシ時にモノを食べながら観たらアカンと思うんよ...............(苦笑)

« 『ヒトラー暗殺、13分の誤算』 | トップページ | 『SPY/スパイ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事