« 『最愛の子』 | トップページ | 『独裁者、古賀。』 »

2016年9月 5日 (月)

『それでも、やっぱりパパが好き!』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、家族ドラマをひとつ、ご紹介♪

監督のマヤ・フォーブスくんは、もともと脚本や製作をしてたひとらしく、この作品が長編映画のデビュー作ってことらしいんよ。すでに次作が決まってるみたいで、ジャック・ブラックやジェイソン・シュワルツマンが出演するらしく、その顔ぶれからするとコメディなんやろね。

今作で主役を演じてるマーク・ラファロくんは、この演技でゴールデン・グローブの男優賞にノミネートされたらしく、作品自体もサンダンス映画祭で審査員賞にノミネートされたんやって。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

それでも、やっぱりパパが好き! / Infinitely Polar Bear   ★★★☆☆   (2014年)

監督:マヤ・フォーブス
出演:マーク・ラファロ、ゾーイ・サルダナ、イモジーン・ウォロダースキー、アシュリー・アウフダーハイデ、ベス・ディクソン、ジョージア・ライマン

躁うつ病を患っている父親は、病院や施設を行ったり来たりしていたが、母親が貧困から抜け出すためにニューヨークにある大学院に入ることになり、学位取得まで、娘ふたりと暮らすことになるのだが............ってな家族ドラマ?!

いつも精神的に不安定ながら、必死に子育てをする父親と、徐々に大人になっていく娘たち、時にはケンカしながらも、かけがえのない時間を過ごし..............ってな感じで、ちょっと普通やないけど特別な家族の姿をってなところかな。

いい感じで脱力したマークくんのエキセントリックなオヤジっぷりと、子供たちとの触れ合いってのが話の中心になるわけで、その点ではなかなか悪くないのかもしれんね。

いろんな家族の形があって、何が幸せかってのは、様々な尺度で測れるもので、問題ばかりの家族でも、互いに守り合っていければ、そんなことを考えると、それなりに深いドラマなのかもなぁ..............残念ながら独り身のオヤジには、イマイチ共感するところまでの思い入れは持てなかったんやけど?!

« 『最愛の子』 | トップページ | 『独裁者、古賀。』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事