« 『村の写真集』 | トップページ | 『明日、君がいない』 »

2016年10月 5日 (水)

『エンド・オブ・キングダム』

今日は、ハリウッドのアクションものをひとつ、ご紹介♪

これ、実はホワイトハウスを舞台にテロリスト相手に大暴れした『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編で、監督さんは交代してもうたんやけど、主要キャストはそのままに、作られたものらしいんよ。

ちなみに、第1作の原題は“OLYMPUS Has Fallen”で、別にタイトルにホワイトハウスは入ってなくて、今作も原題は“LONDON Has Fallen”で、おそらく United Kingdom”ってところから名づけてるんやろうけど、なんでこんな中途半端な邦題を付けるんやろうって、ちょっと首をかしげたくなってもうた(笑)

というわけで、作品の感想は........................?!

エンド・オブ・キングダム / London Has Fallen   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ババク・ナジャフィ
出演:ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、アンジェラ・バセット、ロバート・フォスター、アロン・モニ・アブドゥブール、ジャッキー・アール・ヘイリー、メリッサ・レオ、ラダ・ミッチェル、シャーロット・ライリー、ショーン・オブライエン

イギリスの首相が亡くなったため、アメリカ大統領がその葬儀に出席することとなり、シークレットサービスを務める男は、大統領の警護のために一緒にロンドンに向かうのだが...............ってなアクションもの?!

ロンドンを舞台に、テロによって諸外国の要人が暗殺されるなか、シークレットサービスの男は、必死に大統領の命を守ろうと、テロリストに立ち向かうのだが..............ってことで、ホワイトハウスから飛び出して、海外で大騒ぎってね(笑)

話の展開としては、それなりに派手なアクションをCGを駆使してスケールを出して描いてるあたりは、なかなか楽しませもらったかな。

ただ、話の流れ上、仕方がないんやろうけど、どう考えてもご都合主義すぎて、ちょっと引いてもうたよ。まぁ、ところどころツッコミを入れながら、あれやこれやと言いつつ楽しむって割り切れば、それなりの作品なのかもしれんね?!

« 『村の写真集』 | トップページ | 『明日、君がいない』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事