« 『明日、君がいない』 | トップページ | 『極秘捜査』 »

2016年10月 7日 (金)

『シン・ゴジラ』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、話題になってる邦画をひとつ、ご紹介♪

いやぁ、ホンマにまさかの高評価やったよなぁ(笑)
これまでにハリウッドなんかでも何回が作られた“ゴジラもの”で、当たりと言われるものがなかっただけに、今回もコケるんやろうって思ってたんよ。

ましては、監督さんの名前を見たら、ますますアカンやろうって思っただけに、ここまで絶賛されて、しかも興収も良いっていう事態は、まったくの想定外やった。

それでも、劇場で観るかどうか迷ってたんやけど、たまたまレイトショーの時間があったんで、とりあえず文句は観てからってことで鑑賞した感想は........................?!

シン・ゴジラ   ★★★☆☆   (2016年)

監督:(総監督)庵野秀明、(監督)樋口真嗣
出演:長谷川博己、竹野内 豊、石原さとみ、高良健吾、市川実日子、大杉 蓮、柄本 明、國村 隼、余 貴美子、片桐はいり、小出恵介、斎藤 工、嶋田久作、津田寛治、野間口 徹、ピエール瀧、三浦貴大、光石 研

東京湾に現れた謎の巨大生物にパニックになる人々。前代未聞の事態に混乱する政府は、解決策を探るべく、対策に奔走するのだが.................ってなSFもの?!

急速な進化を遂げながら首都を襲う“ゴジラ”をどうするのか、緊迫した状況のなか、政府は国民を守るために必死に打開策を模索し.............ってなことで、ゴジラ vs. 政府の攻防をってね。

これ、単に大暴れして騒ぎまくる“怪獣もの”というよりも、日米関係まで出てくる政治ドラマの体(てい)で作られてるところが、ちょっと意外やった。

なるほど細部にこだわった映像は、なかなかの見ごたえやったんやけど、ただ、肝心のゴジラの“ハリボテ感”がどうにも気になってもうて..............(苦笑)

それと、矢継ぎ早の展開でドラマとしてのテンポはエエんやけど、説明を詰め込みすぎてて、途中でごっつい疲れてもうたよ。

この手の作品としては、確かに工夫もされてて、評価できる部分もあるんやろうけど、個人的には、ここまで世間で大騒ぎするほどの驚きは、それほど感じんかったなぁ..............?!

« 『明日、君がいない』 | トップページ | 『極秘捜査』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事