« 『アスク・ミー・エニシング 彼女の告白』 | トップページ | 『ウソはホントの恋のはじまり』 »

2016年10月25日 (火)

『シェル・コレクター』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

監督をしてる坪田義史ってひとは、多摩美術大学の出身らしく、劇場長編映画はこれが2作目になるみたいなんよね。それでも、これだけのキャストが集まるってことは、ある程度、評価されてるってことなのかもなぁ。

主演のリリーくんは、最初はてっきり小説を書くひとやと思ってたんやけど、最近はスッカリ脇役俳優になってて、日本アカデミー賞まで受賞してもうたやんね。

この作品の元ネタは、アメリカの小説らしく、原作者のアンソニー・ドーアってひとは、ピュリッツァー賞のフィクション部門で受賞したんやって。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

シェル・コレクター / The Shell Collector  ★★★☆☆   (2016年)

監督:坪田義史
出演:リリー・フランキー、寺島しのぶ、橋本 愛、池松壮亮、普久原 明、瀬名波孝子、内田周作、新垣正弘、ジム・スターク、山内千草

孤島でひとり、貝の収集をして暮らしている盲目の学者は、ある日、島に流れ着いた女性を助け、彼女の病気が彼の採取した貝の毒で治ったことで、世間の注目を浴びてしまう。同じように病気を治して欲しいと、人々が島にやって来るのだが...................ってなドラマ?!

静かなひとりだけの日常が、突然に騒がしくなり、戸惑う男のもとに、久々に会う息子もやって来て..............ってなことで、なんとも捉えどころのない話が展開するんよ。

この作品、話の内容は置いといて、映像の美しさが目を引くんよね。沖縄の美しい自然を、独特の切り口で映し出すあたりは、ちょっと見とれてもうたかな。

そんな美しい映像を観てると、なんとなくマッタリとした気分になってもうて、さしてメリハリのない流れのなかで、気がついたら意識が飛んでもうたりして...............(苦笑)

個性をウリにする作品は、ちょっと万人受けするようなもんでもないんやけど、映像も含めた芸術としては、それなりの評価はされるかもしれんね...........ただ、意味深な気配はしながらも、個人的には特に話の内容に感じるものはなかったんやけど..............?!

« 『アスク・ミー・エニシング 彼女の告白』 | トップページ | 『ウソはホントの恋のはじまり』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事