« 『母よ、』 | トップページ | 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 »

2016年11月11日 (金)

『ヒーローマニア -生活-』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタは人気漫画家の作品らしいんやけど、例によって漫画雑誌はサッパリ読まないんで、どの程度、有名なのかは分からんのよなぁ。

主演の東出くんと言えば、NHKの朝ドラで人気になって、その後のプライベートでも話題を振りまいてたものの、本業の役者としての成長はって言われると、ちょっとどうかなって個人的には思うんよ。そもそも、どこから声が出てるんやろうって、見かけるたびに気になってもうて..................(苦笑)

ヒロイン役で出てる小松くんは、まだキャリアは浅いながらも、事務所のバックアップが“強烈”なのか、やたらと出演作が出てきてて、遠藤周作の小説を映画化したスコセッシの新作にも出てるらしい。

共演の窪田くんも同じプロダクションの所属ってことで、どちらがどっちのバーターなのかは、よう分からんのやけどね(笑)

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

ヒーローマニア -生活-   ★★★☆☆   (2016年)

監督:豊島圭介
出演:東出昌大、窪田正孝、小松菜奈、片岡鶴太郎、船越英一郎、村上和成、黒田大輔、松岡恵望子、山崎静代

無法地帯と化した町をなんとかしたいと思いつつも、何もできないでいた気弱なコンビニ店のアルバイトの男は、ある日、類まれな身体能力を持つ下着泥棒の青年と出会い、一緒に悪い奴らを倒そうと提案するのだが..................ってなコメディ調のアクションもの?!

世直しに取り掛かったふたりに、更に金づちを振り回す中年おやじと、ちょっと変わり者の女子高生が加わり、悪党を懲らしめるのだが..............ってなことで、ユル~いヒーローが大活躍ってね。

前半の流れは想定どおりやったんやけど、途中でヅラでビシッと決めた船越くんが“踊り”出して、良し悪しは別にして、ちょっと意外な展開やったかな(苦笑)

売れっ子の(?)若手を前面に出しつて、話題性で勝負ってとこなんかもしれんけど、キャスティングで言うと、鶴太郎くんがイチバンおいしい役どころやったかも。

作品全体としては、特にどうこうってモノでもないんやけど、まぁ、レンタルで観る分には、ボチボチと見れる、そんな作品かもね?!

« 『母よ、』 | トップページ | 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事