« 『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』 | トップページ | 『無伴奏』 »

2016年11月 7日 (月)

『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、北欧の映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、ノルウェー、スウェーデン、デンマークの共同製作で、劇場では公開されなかったものの、WOWOWでは上映されたことがあるらしい。

北欧のB級映画かって思ったら、スウェーデン出身でハリウッドでも活躍してる演技派のステラン・スカルスガルドが主演やし、ドイツ系の作品で良く出てくる、スイス人の大ベテラン、ブルーノ・ガンツも出てたりするんよ。

作品自体もベルリン国際映画祭で金熊賞にノミネートされたらしく、ノルウェーのアカデミー賞にあたるアマンダ賞でもノミネーションを受けてたらしい。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車 / Kraftidioten   ★★★★   (2014年)

監督:ハンス・ペテル・モランド
出演:ステラン・スカルスガルド、ヤーコブ・オフテブロ、ポール・スヴェーレ・ハーゲン、ヒルデグン・リーセ、アンドレス・バースモ・クリスティアンセン、ヨン・オイガーデン、ブルーノ・ガンツ、クリストファー・ヒヴュ、ペーター・アンデション、ビアギッテ・ヨート・ソレンセン

山間部で除雪会社を営み、妻と慎ましく暮らしていた男は、ある日、都会で離れて暮らす息子が、薬物の過剰摂取で死亡したとの知らせを受けるのだが............ってな犯罪ドラマ?!

息子が薬物中毒だと信じられない彼は、息子の友人から、ドラッグの運び屋をしてた彼を手伝ったことで、息子は組織に殺されたことを知り、犯人に対する復讐を始めるのだが..........ってなことで、少しシュールな笑いを混ぜながら、マフィア相手の復讐劇をってとこなんかな。

何となく、最後はこんなオチかなっていう展開ではあるんやけど、なかなか小気味よくて、飽きさせないところが秀逸なんよ。

復讐に燃えるオヤジの執念を見せるステランおじさんの気合いがハンパなくて、観てる側もついつい応援してもたりして..............!(笑)

ありがちなドラマではありながら、気がついたら夢中にさせられてもうてて、観終わったときに、上質な拾い物を観た気分にさせてくれる、そんな作品やったよ。

まぁ、例によって、あまりにも適当すぎる邦題のセンスは、どうなんやろうって思うんやけどね?!(苦笑)

« 『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』 | トップページ | 『無伴奏』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事