« 『この世界の片隅に』 | トップページ | 『竜宮、暁のきみ』 »

2016年11月28日 (月)

『ウッドローン』

今日は、劇場未公開の作品のなかから、スポーツもの(?)をひとつ、ご紹介♪

この作品の主人公になってるトニー・ネイサンってひとは、高校のアメフトで活躍し、アラバマ大学を経て、NFLのマイアミ・ドルフィンズで活躍した実在のひとらしいよね。

アメフトが国民的なスポーツのひとつってこともあってか、アメフトもので実話系の作品って、結構な確率で“当たり”の映画になるっていうのが、これまでの経験からあって、これもかなり期待したんやけど....................。

この作品を製作してるのが Pure Flix Entertainment っていうスタジオで、どうやらゴリゴリのキリスト教系の映画製作会社らしく、要するに布教活動の一環として、TV番組やら映画を作ってるみたいで......................(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

ウッドローン / Woodlawn   ★★☆☆☆   (2015年)

監督:アンドリュー・アーウィン、ジョン・アーウィン
出演:カレブ・キャスティル、ショーン・アスティン、ニック・ビショップ、シェリー・シェパード、ジョン・ボイト、ジョイ・ブランソン、デヴォン・フランクリン、ブレット・ライス、ヴァージニア・ウィリアムス、ジェット・ユルゲンスマイヤー

人種差別のハゲしいアラバマ州の高校では、白人と黒人が憎しみ合っていた。アメフトチームでも、黒人選手に出番はなく、差別的な扱いを受けていたが、ひとりの男が神の導きを生徒たちに説き、彼らのなかに変化が......................ってなドラマ?!

人種間の対立がなくなり、ひとりの黒人のスター選手の誕生により、チームは躍進するが..........ってなことで、70年代はじめにあった実話を基にしてるらしい。

ちょっとした変化によって奇跡が起こりってなことで、これが事実やって言われると納得せんとアカンのかもしれんけど、あまりにも宗教プロパガンダの臭いが強すぎて、素直に感動できんのよ(苦笑)

白人社会のなかで、必死になって戦いながら栄光に向かって走る、そんなエエ話なんやろうけど、それが神の導きで神の言葉を信じてたからやって点だけを強調されてまうと、なんや、まるで洗脳しようと必死になってるんと違うかって思ってまうんよね。

シンプルにスポーツの世界での感動秘話を期待してたモノとしては、これはあまりにも別世界のシロモノやったわ(苦笑)

別に宗教を否定するつもりはないんやけど、しかし...........こんなのがバンバン作られてるアメリカって国は、かなり病んでるのかもしれんなぁ................えっ、日本のどっかの新興宗教も結構な勢いでアニメ映画を作ってるって?!

« 『この世界の片隅に』 | トップページ | 『竜宮、暁のきみ』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事