« 『無伴奏』 | トップページ | 『母よ、』 »

2016年11月 9日 (水)

『その女諜報員 アレックス』

今日はアクション映画をひとつ、ご紹介♪

力学の“運動量”や“勢い”っていう意味の“Momentum”っていう英語がタイトルになってるのを、無理くりな“センス抜群な”邦題にしてる時点で、間違いなく劇場未公開作品やろうって思ったら、これ、劇場で公開したんやね(笑)

個人的にお気に入りのオルガくんがヒロインを演じるってので、レンタル屋で手に取ったんやけど、この邦題で劇場で人を呼べるって思って公開に踏み切った配給会社の“度胸”に、感心してもうた。

実はこの作品、イギリスで10スクリーンで公開した一週目の興行収入が46ポンド(約6,000円弱)やったってので話題になったらしい(苦笑)

ただ、この作品で監督デビューしたカンパネッリくんは、クリント・イーストウッドの作品でカメラを回してるひとで、エンド・クレジットにもイーストウッドの名前が出てたりして、また、モーガン・フリーマンが出演してるのも、イーストウッド作品でのつながりからなんやって。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

その女諜報員 アレックス / Momentum   ★★★☆☆   (2015年)

監督:スティーヴン・カンパネッリ
出演:オルガ・キュリレンコ、ジェームズ・ピュアフォイ、リー=アン・サマーズ、コリン・モス、カール・タニング、フロムラ・ダンダーラ、ダニエル・フォックス、モーガン・フリーマン、ジェナ・サラス

南アフリカの銀行を襲う強盗団は、無事に目当てのダイヤモンドを手に入れるが、一緒に盗まれたあるモノを巡り、彼らを追いかける謎の集団が................ってなアクションもの?!

目的のために手段を選ばない殺し屋たちと対峙することになった女は、敵の真の目的を探りつつ、必死に戦うのだが...............ってなことで、アレやコレやと大暴れってね。

相変わらずキュートな(?)オルガくんが、キレキレのアクションでって時点で、個人的には十分に満足してもうた(笑)

話の展開としては、モーガンおじさんを強引に挟みこんでる感がアリアリで、少し話としてはムリとムダがある気はするんやけど、そこをノンストップに勢いで勝負してくるあたりは、悪くなかったかも。

ラストで、どことなくシリーズ化を意識してる雰囲気がプンプンしてるんやけど、単発のアクションものとしてはボチボチながら、ちょっとそこまでは難しいかもねぇ.............?!(苦笑)

« 『無伴奏』 | トップページ | 『母よ、』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事