« 『さざなみ』 | トップページ | 『インフェルノ』 »

2016年11月 4日 (金)

『モヒカン故郷に帰る』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

沖田修一って監督さんは、堺 雅人が主演した『南極料理人』で注目されたこともあってか、コメディ調の作品をうまく撮るひとっていうイメージなんかもね。

実際に、その後に作られた、役所広司と小栗 旬が共演した『キツツキと雨』はコメディとして悪くなかったんやけど、それ以外の『横道世之介』『滝を見にいく』なんかは、個人的にはサッパリやったんよなぁ。

今回は松田家の長男坊が、尖った頭で頑張るってことで、ちょっと期待したんやけど................ってことで、そんな作品の感想は......................?!

モヒカン故郷に帰る   ★★★☆☆   (2015年)

監督:沖田修一
出演:松田龍平、柄本 明、もたいまさこ、前田敦子、千葉雄大、小柴亮太、美保 純、木場勝己、富田望生

モヒカン頭で売れないパンクバンドをやっていた男は、恋人が妊娠したのをキッカケに、7年ぶりに瀬戸内の離島にある実家に彼女を連れて帰ることにしたのだが................てな家族ドラマ?!

実家に帰ると父親が末期がんであることが判明し、戸惑いながらも、しばらく側で面倒を見ようと決意するが..............ってなことで、家族の再会と絆をってとこなんやろね。

田舎町でモヒカンを通す主人公や、矢沢(永吉)命のオヤジ、熱烈カープ女子(?)の母親と、主要キャストのキャラに個性を出してるだけに、軽妙なコメディかと思ったら..................それほど笑えんのよなぁ(苦笑)

前田くんのウザいキャラが狙いなのか地なのかは分からんのやけど、思った以上にシリアスな雰囲気があって、ちょっと肩透かしをくらってもうた。

2時間を超える尺で、見かけだけキャラ立ちした面々でマジメに家族ドラマをやられると、ちょっと辛かったかもなぁ..............?!

« 『さざなみ』 | トップページ | 『インフェルノ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事