« 『エクスポーズ 暗闇の迷宮』 | トップページ | 『ローマに消えた男』 »

2016年12月20日 (火)

『ひそひそ星』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

園 子温って監督さんをずっと追いかけてる者からすると、最近の売れっ子ぶりは、正直に言うと、ちょっとどうなんやろうって疑問を感じてまうんよね。

かつては商業映画とは一線を画し、骨のあるクセありまくりの作品で楽しませてくれてたのが、“タレントを使ってるようでは日本映画はアカン”って趣旨のことを言ってたハズが、思わずクビを傾げたくなるようなキャスティングで作品を作ったりで、どこか“園 子温の“三池崇史”化”ってのが気になってもうて.............(苦笑)

そんな監督さんが、久しぶりにインディーズ系で作ったのがこの作品ってことで、ちょっと期待したんやけどなぁ.........................?!

ひそひそ星   ★★★☆☆   (2015年)

監督:園 子温
出演:神楽坂 恵、池田優斗、遠藤賢司、森 康子

人類が絶滅の危機に瀕し、アンドロイドが大半を占める世の中で、レンタルした宇宙船で星々を回り、ひとり宅配の荷物を届ける女性のアンドロイドだったのだが.................ってなレトロなSFもの?!

さして価値のないようなモノを、時間をかけて様々な星に住む人間に届ける、そんな様を淡々と描いてる、なんとも一本調子な作品なんよ。

タイトルに“ひそひそ”とあるように、基本的には抑えた声量で会話も少なく展開するもんやから、ウッカリすると記憶が飛んでまいそうになってもうて...............(笑)

どうやら震災後の福島でロケをやってるみたいで、“星”として出てくる地上の風景の殺伐とした様子に、改めて失われたものの大きさってのを感じてもうた。

ストレートに何かを主張するわけやなく、どこか意味深で、それでいて漫然と映像をつなぐ、その静かな“物語”のなかに、作り手のいろんな思いが織り込まれてるのかもしれんね...............ちょっと分かりにくい気はするんやけど?!

« 『エクスポーズ 暗闇の迷宮』 | トップページ | 『ローマに消えた男』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事