« 『ペーパーマン』 | トップページ | 『孤独のススメ』 »

2016年12月 6日 (火)

『風のたより』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品で主役を演じてる新木優子って女優さんは、某大手プロダクションが推してる子らしく、以前に紹介した『家族ごっこ』って作品や、森川 葵や門脇 麦なんかが出てた『スクールガール・コンプレックス~放送部篇~』にも出演してたっけ。

もうひとりの若手、佐生 雪って子は、二階堂ふみや土屋太鳳、橋本 愛なんかと同じ事務所に所属してるらしく、こちらも期待のイチオシなのかもしれんね。

というわけで、そんな作品の感想は...................?!

風のたより   ★★★☆☆   (2015年)

監督:向井宗敏
出演:新木優子、大杉 蓮、加藤雅也、佐生 雪、平田 薫、柳 俊太郎、井田國彦、秋本祐希

東京で友人とカフェを開くはずだったのが、うまく行かずに故郷の仙台に戻って来た女の子は、体調を壊して入院した祖父の代わりに、祖父の店の開店準備を手伝うことにしたのだが..............ってなドラマ?!

何をするのでも“どうせ自分は......”と言って諦めてしまう女の子は、大好きな祖父のために頑張るうちに、少しずつ変わっていくが........ってなことで、祖父と孫の関係を軸にしながら、前向きになれない女の子の人生見つめ直しドラマをってとこなんかな。

この作りやと、どうしても売り出し中の若手の宣伝のためのってところやけど、演技のデキは置いといて、見ためだけやったら、新木くんは、時折ハッとさせる表情を見せたりして、なかなか悪くなかったね。

それと、共演の佐生くんってのも、クソ真面目で不器用な女の子の役を、印象的に演じてて、ちょっと気になる感じやったかな。

この手の話になると、どうしても展開として“お決まり”感ってのがありすぎるんやけど、それでも、家族の“思いやり”が伝わるところは、ボチボチと伝わってきたね?!

« 『ペーパーマン』 | トップページ | 『孤独のススメ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事