« 『海すずめ』 | トップページ | 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 »

2016年12月10日 (土)

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、ファンタジーものをひとつ、ご紹介♪

ハリー・ポッターのシリーズが終了して、さてどうなるかと思ったら、原作者のJ・K・ローリングが書いた新作を、自ら脚本を書いて、製作まで加わって作ったのがこの作品らしい。

ハリー・ポッターは原作をすべて読んだんやけど、この作品の元ネタは未読で、原作と比べて云々ってのは分からんのやけど、なんとなく著者の強欲と金の臭いがしてくるようで、気分的には少し引き気味やったりするんやけど...........(苦笑)

そうはいいつつ、他に観るものもなかったので、劇場で鑑賞してみた作品の感想は.....................?!

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 / Fantastic Beasts and Where To Find Them   ★★★☆☆   (2016年)

監督:デヴィッド・イェーツ
出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、コリン・ファレル、エズラ・ミラー、ダン・フォグラー、サマンサ・モートン、ジョン・ヴォイト、カーメン・イジョゴ、アリソン・スドル

魔法動物をトランクに集めて旅する魔法使いの男は、ワケあってアメリカにやって来たのだが、群衆のなかでトランクがすり替わってしまい、トランクの中の動物が逃げ出し、必死に追いかけるのだが................ってなファンタジーSFもの?!

ニューヨークの街では、謎の物体により騒ぎが起こっており、人間界と魔法界の間で問題が生じるなか、魔法動物を逃がした罪で、彼も罪に問われ.................ってなことで、ニューヨークを舞台に大騒ぎってね。

主演のエディくんは、何となくエキセントリックで不器用な変わり者の魔法使い役を、なかなか個性的に演じてたかな。まぁ、キャラのなかでは、お笑い担当のダン・フォグラーのオトボケぶりが、エエ具合にアクセントになって良かったんやけど。

いろいろと話を膨らまそうとネタをぶち込む前半は、ちょっと退屈してもうて、あまりノリきれんかったものの、全体的には、ファンタジーものとしてはボチボチな感じでまとまってた。

どうやらシリーズ化したい雰囲気がプンプンで、次へのネタの仕込みは万全みたいやし.............それにしても、ホンマに“白塗り”が好きやよなぁ..............(苦笑)

あまり絶賛するようなポイントは見つからんかったんやけど、娯楽としては悪くないのかも?!

« 『海すずめ』 | トップページ | 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事