« 『若葉のころ』 | トップページ | 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 »

2016年12月 9日 (金)

『海すずめ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品で主役を演じてる武田梨奈といえば、デビュー当時は『ハイキック・ガール!』『KG カラテガール』と、黒帯の実力を遺憾なく発揮する(?)、アクションのキレで勝負してたんよ。

どこぞのCMで、いきなり頭で瓦を割ったりしてたのも彼女で、てっきりアクション女優を目指すのかと思いきや、最近はアクションなしのシリアスなものに挑戦したり、ちょっと想定外の方向に進んでるんよね(笑)

監督の大森くんは、愛媛の出身らしく、『瀬戸内海賊物語』に続いてのご当地映画ってことで、地元愛の強さを感じてまうやんか。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

海すずめ   ★★★☆☆   (2016年)

監督:大森研一
出演:武田梨奈、小林 豊、内藤剛志、岡田奈々、吉行和子、赤井英和、目黒祐樹、佐生 雪、宮本真希、二階堂 智、上野優華、佐藤永典、小峠英二、西村瑞樹

処女作で新人賞を受賞したものの、2作目が書けない小説家の卵は、故郷の宇和島に戻り、市の図書館で自転車で本を届ける仕事をしているのだが..........ってなドラマ?!

宇和島伊達家の400年記念イベントで、当時のお姫様の衣装を復刻することになったが、その参考文献が見つからず、それが自転車課の存続にも関わってきて..........ってなことで、大騒ぎってね。

思い通りにいかない人生に悩む女の子が、地元でいろんな人と出会い、家族との絆を育んで、自分を見つめ直すってのを、軽めのタッチでサラリとってとこかな。

武田くんの嫌味のない存在感ってのを活かしてってところで、作品のデキとしては、ボチボチってとこやったよ。正直、もう少し感動のドラマを期待したんやけど、泣かせる路線というよりは、ホノボノ系やったかなぁ。

しかし、武田くんは、かつてはアクション系やったのが、最近はスッカリ演技する女優を目指してるみたいやなぁ.............ハイキックが懐かしいが、まぁ、頑張れ!?(笑)

« 『若葉のころ』 | トップページ | 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事