« 『ブルックリン』 | トップページ | 『SLUM-POLIS』 »

2017年1月16日 (月)

『マックス&エリー 15歳、ニューヨークへ行く!』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、青春ロードムービー(?)をひとつ、ご紹介♪

この作品で主人公のひとりを演じてるイザベル・ファーマンって、あの『エスター』って作品でかなり印象的な主役の女の子を演じてた子なんやってね。当時12歳やったのが、成長してこうなったんかって、ちょっと驚いてもうた。

あと、個人的な興味としては、やっぱり「ダーク・エンジェル」以来、ずっと追いかけてるジェシカ・アルバが出演してるってところかな。いい作品に恵まれない、ちょっと残念なキャリアではあるんやけど、そんな彼女も結婚して子供もできてって思うと、自分も年取ったなぁって思ったよ。

というわけで、そんなどうでもいいような感傷にひたりながら、作品の感想は.......................?!

マックス&エリー 15歳、ニューヨークへ行く! / Dear Eleanor   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ケヴィン・コナリー
出演:リアナ・リベラト、イザベル・ファーマン、ルーク・ウィルソン、ジョシュ・ルーカス、ジョエル・コートニー、ジェシカ・アルバ、パトリック・シュワルツェネッガー、アイオン・スカイ

母親を交通事故で亡くし、幼い弟や妹の世話をしながらも、悲しみから立ち直れない女の子は、親友の提案で元大統領夫人の絵レノア・ルーズヴェルトに会いにニューヨークに行くことにしたのだが.................ってなロードムービー?!

父親に黙って、親友とふたり、車に乗ってアメリカ大陸を横断するのだが、途中でいろんな出会いや出来事が起こり、冒険旅行の末に彼女たちがたどり着いたのは..............ってなことで、青春ドラマなんかな。

どうも主人公のふたりがビジュアル的にイマイチなせいもあってか、脇役のジェシカくんの美しさが抜群に際立っとったよ(笑)

ジョシュ・ルーカスの枯れた渋みも捨てがたいんやけど、若くて活きのいいところでは、シュワちゃんの息子のイケメンぶりが注目なのかもね。

肝心の話の方も、それなりに友情やら母親への想いやらで、それなりにまとまってはいるんやけど、途中からジェシカに釘づけになってもうて、イマイチ入ってこんかった....................なんて(笑)

それにしても...........主人公ふたりのうち、ひとりは16歳って言ってたような..................?!

« 『ブルックリン』 | トップページ | 『SLUM-POLIS』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事