« 『トリプル9 裏切りのコード』 | トップページ | 『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』 »

2017年1月 3日 (火)

『二重生活』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

作品の元ネタは角川文庫から出てる小池真理子って作家さんの小説らしいんやけど、小池さんの小説の映画化というと、ちょっと前に紹介した成海璃子と池松壮亮が共演した『無伴奏』もそうらしい。

監督をしてる岸 善幸ってひとは、どちらかというとテレビで活躍してるらしく、NHKのテレビドラマで評価されてるみたいで、映画はこれが初めてってことらしい。

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

二重生活   ★★★☆☆   (2015年)

監督:岸 善幸
出演:門脇 麦、菅田将暉、長谷川博己、リリー・フランキー、西田尚美、河井青葉、宇野祥平、烏丸せつこ、篠原ゆき子、岸井ゆきの

大学院で哲学を勉強している女の子は、教授のススメで修士論文のテーマとして他人を尾行し、観察することから、“在る”ことを考察することに............ってなドラマ?!

偶然、立ち寄った本屋で、妻子と幸せそうに暮らす近所に住む男を見かけ、そのまま彼の後を尾けると、別の女と密会する現場を目にし.............ってな感じで、他人のプライベートに入りこみ、戸惑いながらも止められない、そんな女子大生の目を通して、日常のなかの非日常をってとこなんかな。

街中で行き交うそれぞれの人が、どう思いながら、どう生きているのか、それを第三者が傍観するって視点が、話としては、なかなかやよね。

“満たされた気持ちで暮らしているひとなんていない”って言い放たれると、そうかもなぁって思ってもうたよ。

それにしても、門脇くんをキャスティングするときって、脱ぐことが前提になってるんやろか..................?!(笑)

« 『トリプル9 裏切りのコード』 | トップページ | 『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事