« 『バイオハザード:ザ・ファイナル』 | トップページ | 『4デイズ・イン・イラク』 »

2017年1月 8日 (日)

『ウォークラフト』

今日は、CGを駆使したアクションものをひとつ、ご紹介♪

この作品、世間的には人気ゲームの映画化ってことで注目されてるんかもしれんけど、ゲームをまったくやらない者としては、むしろ“ダンカン・ジョーンズが監督した作品”って方に惹かれるんよ。

ダンカン・ジョーンズってひとはイギリス出身の監督さんなんやけど、お父さんが昨年亡くなった、歌手で俳優としても活躍したデヴィッド・ボウイで、自身の監督作としてもサム・ロックウェルを主役に迎えた『月に囚われた男』や、ジェイク・ギレンホールが主演の『ミッション:8ミニッツ』といった個性的な作品を作り上げてて、個人的にかなり期待してる監督さんなんよなぁ。

というわけで、そんな彼の新作の感想は......................?!

ウォークラフト / Warcraft   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:トラヴィス・フィメル、ベン・フォスター、ドミニク・クーパー、トビー・ケベル、ポーラ・パットン、カラム・キース・レニー、ベン・シュネッツァー、ダニエル・ウー、ロブ・カジンスキー、アンナ・ギャルヴィン、マッケンジー・グレイ、クランシー・ブラウン

強大な魔力を持つ指導者に率いられ、侵略のために人間界にやって来たオーク族と、平和を破られ、そんな彼らと対峙する人間との攻防を描いたファンタジー&アクション?!

人類を守ろうと奔走する男たちと、同じオーク族でありながら指導者の命に疑問を抱く男、人間に心を開くオーク族の血を持つ女、それぞれの想いが交錯しながら戦いの場へ..............ってなことで、CGアクションが展開するんよ。

もとになってるゲームをまったく知らんので、ゲームの世界観やキャラの活かし方がどこまで成功してるのかは分からんのやけど、アクション映画として見ると、それなりに各キャラのドラマがあって、ボチボチと盛り上げられてた感じやったよ。

ただ、個人的には、この手のCGメインの作品は、どうもリアリティの欠如が気になってもうて、すんなりと入り込めないんよね(苦笑)

いかにも続きを予感させるような終わりもあって、きっと興行成績しだいでは続きが作られそうな気はするんやけど、できれば監督さんには、別の作品に取り組んで欲しいなぁって思ったりして..................?!

« 『バイオハザード:ザ・ファイナル』 | トップページ | 『4デイズ・イン・イラク』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事