« 『ヒップスター』 | トップページ | 『ペレ 伝説の誕生』 »

2017年2月 7日 (火)

『団地』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

阪本順治の作品っていうと、たまにオッと驚かされるようなエエ作品を作ってるかと思うと、サッパリな作品も多くて、個人的なイメージでは、当たりハズレが多い監督さんなんよなぁ。

主演の藤山直美といえば、関西では有名で人気やった喜劇俳優の藤山寛美の娘なんよね。普段は父親と同じ舞台で頑張ってるんやけど、最近はNHKの朝ドラに出演したり、女優として頑張ってる感じなのかも。

というわけで、そんな作品の感想は..................?!

団地   ★★★☆☆   (2015年)

監督:阪本順治
出演:藤山直美、岸部一徳、石橋蓮司、大楠道代、斎藤 工、濱田マリ、宅間孝行、三浦誠己、原田麻由、冨浦智嗣、麿 赤兒、滝 裕可里、竹内都子

長年続けていた漢方の薬局を、あるキッカケで廃業し、団地に越してきた中年夫婦。夫は裏山を散歩して一日を過ごし、妻はスーパーでパートの仕事をするのだが......................ってなコメディ調(?)のSF??

団地という、少し閉鎖的な世界のなかで暮らす夫婦とその周囲の人たちの関係を使って、少しオフビートな人間ドラマをSF織り交ぜって.........ワケ分からんな(笑)

いやっ、主演の藤山直美って時点で、コテコテのゴリゴリなキャラを前面に、大阪のおばちゃんの強引な笑いで楽しませてくれるもんやとばっかり思ったら、まさかの、団地から世界を飛び越えて...............やもんね。

主人公の夫婦をはじめ、ベテランの役者さんたちの演技はエエんやけど、まさかの展開に、オイオイってツッコミを入れつつ、少し置き去りにされてもうた気分やったよ?!

« 『ヒップスター』 | トップページ | 『ペレ 伝説の誕生』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事