« 『新宿スワンII』 | トップページ | 『恋妻家宮本』 »

2017年2月 4日 (土)

『ドクター・ストレンジ』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、アメコミのヒーローものをひとつ、ご紹介♪

監督をしてるスコット・デリクソンといえば、“悪魔のイナバウアー”でお馴染み(?)のホラー映画『エミリー・ローズ』で評価され、キアヌ・リーヴス主演のリメイクもの『地球が静止する日』で大コケし、エリック・バナ主演の前作『NY心霊捜査官』で復活をとげた(?)ひとなんよ。

ちょっと冷静に見ると、ホラーでしかヒットしない、なんてことも言えなくもなく、今回のまさかのマーベル・コミックの新ヒーローものに抜擢ってのは、ちょっとどうかって、余計なお世話ではあるんやけど、心配もあったりしてね(笑)

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

ドクター・ストレンジ / Doctor Strange   ★★★☆☆   (2016年)

監督:スコット・デリクソン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、マッツ・ミケルセン、ティルダ・スウィントン、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、ベネディクト・ウォン、ベンジャミン・ブラット、スコット・アドキンス、マイケル・スタールバーグ

神経外科医として名声を手にしていた男は、交通事故で両手に重い障害を抱え、何度も手術をしたものの効果がなく、最後にネパールのカトマンズにある寺院の噂を聞き、門を叩くのだが....................ってなマーベル・コミックのヒーローものの実写映画?!

絶望のなかから魔術を知り、修行にのめり込むが、邪悪な魔術に魅せられた男に攻撃され..........ってなことで、人類存亡の危機に立ち向かうってね。

この作品、映像的な部分でいうと、なるほど今年のアカデミー賞で視覚効果賞にノミネートされただけあって、なかなかの斬新さと迫力があったよ。

キャスティングでいうと、マッツおじさんの扱いに少し中途半端さを感じつつも、カンバーバッチくんの演技には安心感があるし、ティルダくんの相変わらずの存在感が秀逸で、あと、個人的にはレイチェルくんのキュートさを満喫できて、かなり満足やった(笑)

作品としては、ストーリーにそれほど目新しさはなく、思いっきり盛り上がる感じではなかったんやけど、飽きさせられることなく楽しめるだけのクオリティーは、十分にあったんと違うかな?!

« 『新宿スワンII』 | トップページ | 『恋妻家宮本』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事