« 『葛城事件』 | トップページ | 『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』 »

2017年2月22日 (水)

『ジャングル・ブック』

今日は、今年のアカデミー賞にノミネートされてる作品をひとつ、ご紹介♪

アカデミー賞といっても主要部門やなくて、視覚効果賞ってのにノミネートされたんよ。対抗が『ドクター・ストレンジ』(個人的には本命)や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』他やから、どうかなぁとは思うんやけど、観たかんじでは、勝負できるかも。

監督さんは、“アイアンマン・シリーズ”ですっかり監督業でも売れっ子になりつつあるジョン・ファヴローくんで、『スウィンガーズ』の頃から役者としての彼を知ってる者としては、まさかディズニー映画で監督をするようになるとは........................ね(笑)

というわけで、劇場公開時には、なかなかの評判やった作品の感想は.....................?!

ジャングル・ブック / The Jungle Book   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ジョン・ファヴロー
出演:ニール・セティ、(声の出演)ビル・マーレイ、ベン・キングズレー、スカーレット・ヨハンソン、ルピタ・ニョンゴ、イドリス・エルバ、クリストファー・ウォーケン、ジャンカルロ・エスポジート

ジャングルのなかで取り残された幼児はオオカミに育てられ立派に成長するが、人間を毛嫌いするトラに目を付けられ、命を狙われることに。育ててくれたオオカミたちに迷惑がかかると、少年は群れを離れる決心をするのだが...............ってな、よく知られた古典を実写化した作品?!

野生のなかで育った少年が、冒険をしながら周囲の動物たちとの触れ合いで成長する、そんな様を描くってとこなんかな。

この作品、ウリはなんと言っても映像なんやろうと思う。リアルにしゃべる動物たちを見てると、映像の技術ってここまで進化したんやなぁって、つくづく感心してもうたよ。

しかも、そんな動物たちの声を豪華な面々が演じてるあたり、さすがのディズニーが金かけて本気で実写化してきたんやなっていう気合いを感じたね(笑)

もちろん作品の性質からして家族向けではあるんやけど、“孤独なハゲおやじ”でも、それなりには楽しめるクオリティは、あったかな?!

« 『葛城事件』 | トップページ | 『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事