« 『夏美のホタル』 | トップページ | 『神様の思し召し』 »

2017年3月 1日 (水)

『ニュースの真相』

今日は、実話に基づく社会派ドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品で監督デビューとなったジェームズ・ヴァンダービルトってひとは、この前の『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』やローランド・エメリッヒ監督の『ホワイトハウス・ダウン』『ゾディアック』なんかで脚本を書いてたんやって。

話はブッシュ大統領の2期目の直前にあったニュース報道がネタなんやけど、当時、ブッシュのアホさ加減に呆れたもんやけど、今度の大統領の“活躍”ぶりを見ると、なんやブッシュがかわいく思えてくるから不思議やね(笑)

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

ニュースの真相 / Truth   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ジェームズ・ヴァンダービルト
出演:ケイト・ブランシェット、ロバート・レッドフォード、トファー・グレイス、ブルース・グリーンウッド、デニス・クエイド、エリザベス・モス、ダーモット・マローニー、ステイシー・キーチ、レイチェル・ブレイク、アンドリュー・マクファーレン、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー

CBSの女性プロデューサーは、大統領選で再選を目指す共和党のジョージ・W・ブッシュ大統領が、ベトナム行きを回避すべく、不正を行っていたとする内部文書を手にし、番組で放送しようと奔走するのだが.............ってなドラマ?!

大統領の軍歴詐称疑惑は反響を呼ぶが、報道の根拠となる文書に偽造された疑惑が浮上し、追及を受けることに............ってなことで、実際にあったニュースの裏側を描くってね。

真実を追求し、報道する、そんなジャーナリズムを実践するはずが、証拠の不備を突かれ、ハゲしいバッシングを受け、苦悩する主人公を、例によってケイトくんが抜群の演技力で熱演してるんよ。

強大な権力と真っ向から勝負を挑んだハズが、真実はフィルターにかけられ、逆に押しつぶされる、なんとも“やるせない”話やよなぁ。

実話を基にしてるから仕方がないんやろうけど、真の意味での“報道”とはなんなのか、国民の知る権利は果たして守られてるのか、そんなことを考えながら観てると、なんやスッキリせん、モヤモヤした気分になってもうたよ(苦笑)

« 『夏美のホタル』 | トップページ | 『神様の思し召し』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事